ブクレポ
ブクレポってどんなサイト?
login_header
新規登録(無料)
login_header
ようこそゲストさん 
  • ログイン
  • ブクレポとは?
  • ヘルプ
  • ホーム
  • 本をさがす
  • ブクレポをさがす
  • ユーザをさがす
こたろうさん 
50 あり!
あり!
このブクレポを評価しよう!あり!とは?
+5あり! +5あり!を取り消す +5あり! +3あり! +3あり!を取り消す +3あり! +1あり! +1あり!を取り消す +1あり!
このブクレポにあり!した人
冬眠中に起きてしまったムーミントロール » « 本当に聞こえたらいいな
book_report_header

書誌データ

人文・社会
勉誠出版
2017年 03月 発売
230,7P
9784585221722

内容紹介

「絶滅危機にある日本犬を守らねばならない」日本固有の犬種の保護・飼育を目指して発足した平岩米吉らの日本犬保存会。彼らは、真正なる「日本犬」の姿を追い求め、淵源を探り、7つの犬種を天然記念物に指定することで、純血種の保存をはかっていった。しかし、そこには排除と選択の論理のなかで創り出された「日本犬」の姿があった。近代化、国民国家形成、動物保護、戦争...博物学者・南方熊楠と平岩との対話を起点に、時代に翻弄され、淵源と純血を求められ続けた犬たちをめぐる言説をたどり、日本近代史の裏側を照らし出す。

目次

序章/第1章 ニホンオオカミは「いつ」絶滅したのか?―平岩米吉と南方熊楠/第2章 ジャッカルと日本犬―犬の祖先をめぐる問題/第3章 「日本犬」の姿を求めて―近世以前の日本犬/第4章 明治期日本の犬たち―洋犬の導入と日本犬の衰退/第5章 日本犬保存会と天然記念物―甲斐犬の指定を中心に/第6章 昭和初期日本犬の検討―猟犬、使役犬、番犬、愛玩犬/第7章 狆と高安犬―日本犬から外された犬/第8章 日本犬と戦争―立憲政友会と軍用犬

洋犬より日本犬が好き

3

犬好きなら手にしてみたい、とくに日本犬が好きという人向きの一冊。

ですが「日本犬」ていつからいたのでしょうか。あるいはどこかから渡ってきたのか、という疑問にもある程度こたえてくれるまじめな研究書です。

著者は和歌山の南方熊楠の研究者で、南方と当時愛犬家として高名だった平岩米吉との交流を軸として、おそらくは日本犬のルーツ、祖先であろうニホンオオカミがいつ滅亡したのかについて二人の間で交わされた書簡や資料を駆使して明らかにしていきます。


その後ジャッカルと日本犬の関係やシーボルトら西洋人が見た日本の犬、そしてその後おこった日本固有の犬を保護しようとする運動について論考を進めます。


野犬や山犬と呼ばれ、いつの間にか人の生活のそばで暮らすようになった彼らはどこから来たのか?

おそらくは北方から(シベリア?)渡来した犬や大陸からやってきて日本の風土に合わせて小型化したオオカミたちの子孫なのでしょう。オオカミと犬の間には長い時間をかけての交雑がおこなわれ(狩猟民はわざと雌犬を森のなかにつないでオオカミと交わらせようとしています。そのほうが有能な猟犬になるという理由で)それら狩の犬とはまた別に町犬という存在が当時知られています。


犬は個人が飼うものではなく村に居ついている村犬として長らく生き延びてきました。それが明治の近代化、個人化で個人宅に買われるようになり、その後日本犬の特異がすすみ「番犬」という観念がはじめて導入されてきます。


はじめに日本犬として認められたのが秋田犬で忠犬ハチ公でも有名ですが、当時でも大型の洋犬と掛け合わせて闘犬を作ろうという意図で(当時特に大舘で闘犬が盛んで、当時は秋田犬ではなく大館犬と呼ばれていたそうです)今の体高の高い犬が作り出されています。

その後、平岩たちの尽力で中型犬(甲斐犬、紀州犬、四国犬、北海道犬)小型犬(柴犬)が認定されています。

残念なのは当時、越の犬という犬種が北陸にいてそれも日本犬として認められたのだそうですが大戦中に(犬も不幸な時代でした)絶滅してしまったそうです。本書にも一葉の写真すら載っていなくて残念です。

活動の結果、日本犬は今あるように天然記念物として認定され保護されるようになりました。


しかしそれは後から人が考え出した「日本犬」であって多分に精神性が重視された物のようです。

当時定められた「日本犬は悍威、良性、素朴の本質」という部分を大切にしていると明言されています。「悍威」とは「気迫と威厳」のことで「良性」とは忠実で従順。「素朴」とは飾り気のない地味な気品と風格をいうと規定されいてます。

「悍威に富み良性にして素朴の感あり、感覚鋭敏、動作敏捷にして歩様軽快弾力あり」と続くいまだに日本犬の一番大事な要素だと考えられている部分です。

いかにも日本らしい精神性重視の理念だと思います。


しかしそれによって、雑種化して滅びつつあった日本の犬たちが保存されているのは良かったと思います。


保存会は定期的に品評会を開き、私の住む近所でも開かれることがあって見に行ったことがあります。凛々しい犬たちがたくさん集まってきて壮観でした。


そんな保存会の是非とはべつにペット業界は流行りや好みに合わせて「豆芝」なる品種も作り出し流通させています。(ちなみに保存会では豆芝は日本犬として認定されていません)


権威主義になられては困りますが、ある一定の線引きをして保護するのも必要だなと思います。

何より私は日本犬たちの凛々しい姿が好きですし、基本飼い主にしかなれない気難しい性質も大好きですから。なかでも白い紀州犬がいいな~と思います。

+5あり! +3あり! +1あり!
【 読了日: 】
book_report_footer

ブクレポの輪

ブクレポの輪とは?

このブクレポへコメント

 こたろうさんのブクレポ

本当に聞こえたらいいな
犬のことばが聞こえたら
4
あり!:45     コメント:0
湿ったユーモア?
お父さん、牛になる
4
あり!:45     コメント:1
これは手ごわい一冊です。
百年の散歩
3
あり!:40     コメント:0
金子みすゞと弟
みすゞと雅輔
4
あり!:40     コメント:0

 この書籍のブクレポ

ブクレポはまだありません。

この書籍のブクレポを書いてみましょう!

  志村真幸の書籍のブクレポ

ブクレポはまだありません。

志村真幸の書籍一覧へ