ブクレポ
ブクレポってどんなサイト?
login_header
新規登録(無料)
login_header
ようこそゲストさん 
  • ログイン
  • ブクレポとは?
  • ヘルプ
  • ホーム
  • 本をさがす
  • ブクレポをさがす
  • ユーザをさがす
りえこさん 
5 あり!
あり!
このブクレポを評価しよう!あり!とは?
+5あり! +5あり!を取り消す +5あり! +3あり! +3あり!を取り消す +3あり! +1あり! +1あり!を取り消す +1あり!
このブクレポにあり!した人
なんかお母さん化してないか。 » « 「クイボノ」なんてことばを初めて知った
book_report_header

書誌データ

小説・エッセイ
講談社
2016年 05月 発売
246P
9784062200400

内容紹介

父親が亡くなり天涯孤独の身となったおきみは、後ろ足の先だけ白い黒猫が出る夢を見るようになる。すると夢と同じ出来事が実際に起こるのだ。残された借金返済のため根付を売りに皆塵堂へ行ったおきみだったが、たいした金額にはならず、女郎屋に売られることに。皆塵堂・主人の伊平次は一計を案じるのだが...。そしておきみが夢で見た黒い子猫は何者なのか?面白さ抜群の「人情怪談騒動記」ついに完結!!

夢に出てくるいたずらな子猫に導かれるように

5

両親を亡くし、多額の借金を背負ったおきみは、夢に出てくるいたずらな子猫に導かれるように、皆塵堂を訪れる。
しかし売ろうとした根付は二束三文、返済の足しにはならず、おきみの運命は定まったかに見えたが・・・。


シリーズ完結というだけあって、未解決というか気になっていたアレコレが解決したりもします。

連助のところには男の子が生まれ。っていうことは、祟りはなくなった様子。でも連助が幽霊を信じないのは相変らず、やっぱりちょっとうっとうしい。いつかこいつに幽霊を見せてみたい、と周囲がいくら思っても、そんな日は来ないんだろうなあ。

猫たちの出産ラッシュに耐えかねた太一郎は、買い付けなどと口実を作って江戸を逃げ出した、その先にも猫がいるなんて・・・!(あたりまえ)
猫除けになるから幽霊に近づくって、太一郎にとっては幽霊のほうがまだマシなのかー。

しかしその先であんなことに遭遇するとは。これは猫から逃げたというより多分呼ばれたんだろうなあ。陰気な男は、顛末を聞いてどう思うのだろう。まあ、いまさら陽気にはならないと思うけど。

おきみちゃんの行く先も決まり、夢の猫の件も解決し。
・・・でも円九郎はまだまだみたいだけどね。

こうして完結、すっきり最後を締めるのは彼!・・・かと思えば、オチはやっぱりあの人なのでした。

+5あり! +3あり! +1あり!
【 読了日: 】
book_report_footer

ブクレポの輪

ブクレポの輪とは?

このブクレポへコメント

 この書籍のブクレポ

ブクレポはまだありません。

この書籍のブクレポを書いてみましょう!

  輪渡颯介の書籍のブクレポ

長屋の猫の活躍期待します
溝猫長屋祠之怪
3
あり!:30     コメント:0
どら息子三人組
影憑き
4
あり!:3     コメント:0
婿と猫、どちらが先に子供ができるか
祟り婿
4
あり!:50     コメント:0