ブクレポ
ブクレポってどんなサイト?
login_header
新規登録(無料)
login_header
ようこそゲストさん 
  • ログイン
  • ブクレポとは?
  • ヘルプ
  • ホーム
  • 本をさがす
  • ブクレポをさがす
  • ユーザをさがす
こたろうさん 
45 あり!
あり!
このブクレポを評価しよう!あり!とは?
+5あり! +5あり!を取り消す +5あり! +3あり! +3あり!を取り消す +3あり! +1あり! +1あり!を取り消す +1あり!
このブクレポにあり!した人
文学講義第一回目です » « 洋犬より日本犬が好き
book_report_header

書誌データ

絵本・児童書
講談社
2014年 01月 発売
221P
9784062854023

内容紹介

まっ白な雪にうもれたムーミン谷。みんなといっしょに冬眠にはいったムーミントロールは、どうしたわけかひとり、目をさましてしまいます。外に出ると、そこは白一色の世界!「これがきっと、雪というものなんだ。」きれいなしっぽをもつ子リス。水あび小屋に住むおしゃまさんや、はい虫の女の子―。はじめて知る冬の世界は、おどろきと出会いがいっぱい!小林深雪先生の巻末エッセイ付き。小学中級から。

おすすめポイント

青い鳥文庫ムーミンシリーズが新装版で登場! 『泣いちゃいそうだよ』シリーズの小林深雪、巻末エッセイつき。

冬眠中に起きてしまったムーミントロール

4

シリーズ五冊目のムーミンです。

ムーミン谷は冬になるととても寒くなり雪が降り積もり、ムーミン一家はみんな冬眠してしまいます。ところがムーミントロールが目を覚まし眠れなくなってしまったのです。


静まり返った家の中を歩き回ったムーミントロールは雪の積もった外へと出かけていきます。はじめて冷たい白い雪にさわってみた彼は知らない世界へと探検に出かけます。

そこで出会ったのがおしゃまさん。水浴び小屋に住み着いていた彼女と話した後、ムーミントロールは家へと帰ります。そこにはリスに起こされて不機嫌な(いつも不機嫌そうな顔をしているのですが)ミーが起きていました。

ミーはミーで雪や寒さに負けずに楽しんでしまいます。お盆のそりで滑ったり元気いっぱいです。


でもムーミントロールは気になって仕方がないのです。お日様はもう昇ってこないのではないかと。


いつもとは違う世界に出合って不思議がりながらも、やさしさと勇気で挑んでいくムーミントロールの姿が印象的です。

今風に言うと空気の読めないヘムレンさんにも、うんざりしながらおしゃまさんと追い立ててしまおうと、ぎりぎりのところまでそう決意して「おさびし山」にいいスロープがあると嘘を言いそうになるのですが、思い返してここにいてくださいとい願いするのでした。


そんな間にもお日様は毎日すこしずつ顔をのぞかせるようになり、春が近づいてきます。


ムーミン一家の家を去って行ったヘムレンさんでしたが、雪に遭難しそうになったサロメちゃん(はい虫だそうです)を救ったり、犬のめそめそがオオカミに取り囲まれて困っているところを助けたりといいところを見せます。


家のなかにはムーミンのご先祖様が大ストーブのなかに住んでいることもわかりました。


春の気配に一番に起きてきたのはムーミンママで、割れた氷から海に落ちて風邪をひいてしまったムーミントロールに身体の温まるくすりを作ってくれます。


最後にスノークのお嬢さんが目覚めて、土から芽を出したクロッカスに夜寒くなっても大丈夫なようにガラスをおいてあげようとするのですが、それを見たムーミントロールは

「いや、そんなことだめさ。自分の力で、のびさせてやるのがいいんだよ。この芽も、すこしはくるしいことにあうほうが、しっかりすると、ぼくは思うな。」

というのです。

彼の成長ぶりが伝わってくる言葉です。


偶然ですが本書を読んでいるときに、地元のテレビ局で「美の巨人」の放送があり、「ムーミン」が取り上げられていました。(実際にはかなり昔に放送されたものでしょうが)画家でもあった(そちらのほうが最初に彼女のめざした職業なのですが)とーべ・ヤンソンが過ごした無人島やそこにある小さな小屋の内部などが紹介されていていて興味深かったです。


不思議で一見身勝手な行動ばかりするリトルミーなど、個性的な登場人物や生き物が溢れているムーミン谷ですが、自立というか自分で自分の生き方は決める、という強さがいちばん感じられるヤンソンさんの世界観のように感じました。

+5あり! +3あり! +1あり!
【 読了日: 】
book_report_footer

ブクレポの輪

ブクレポの輪とは?

このブクレポへコメント

あきらパパさんがこのブクレポにコメントしました

あきらパパ
あきらパパさん2017-05-14 23:27:46

トゥーティッキに出会うのはこの巻でしたでしょうか。「ものごとって、すべて、とてもあいまいなのよね。でも、だからこそわたし、安心していられるの」って言葉が好きです。

 こたろうさんのブクレポ

本当に聞こえたらいいな
犬のことばが聞こえたら
4
あり!:40     コメント:0
湿ったユーモア?
お父さん、牛になる
4
あり!:40     コメント:1
これは手ごわい一冊です。
百年の散歩
3
あり!:35     コメント:0
金子みすゞと弟
みすゞと雅輔
4
あり!:35     コメント:0

 この書籍のブクレポ

ブクレポはまだありません。

この書籍のブクレポを書いてみましょう!

  トーベヤンソンの書籍のブクレポ