ブクレポ
ブクレポってどんなサイト?
login_header
新規登録(無料)
login_header
ようこそゲストさん 
  • ログイン
  • ブクレポとは?
  • ヘルプ
  • ホーム
  • 本をさがす
  • ブクレポをさがす
  • ユーザをさがす
アーミーさん 
50 あり!
あり!
このブクレポを評価しよう!あり!とは?
+5あり! +5あり!を取り消す +5あり! +3あり! +3あり!を取り消す +3あり! +1あり! +1あり!を取り消す +1あり!
このブクレポにあり!した人
妊婦の想いがひしひしと » « 刑事魂に優しい癒しの雨
book_report_header

書誌データ

小説・エッセイ
集英社
2016年 03月 発売
234P
9784087716535

内容紹介

伝えられなかった言葉。忘れられない後悔。もしも「あの時」に戻ることができたら...。母と娘、夫と妻、父と息子。近くて遠く、永遠のようで儚い家族の日々を描く物語六編。誰の人生にも必ず訪れる、喪失の痛みとその先に灯る小さな光が胸に染みる家族小説集。

おすすめポイント

第155回直木賞受賞作!

萩原さんの家族愛がつまった短編集

4

すでに、まーちさん、hi2515さんがレポを描かれているこの作品は、
2016年155回直木賞受賞作です。
表題作をはじめ6つの話で構成された短編集でした。
連作短編ではなく、それぞれが全く別々のお話しです。

簡単なあらすじを書きだします。
●『海の見える理髪店』
初めて訪れた客の青年に
理髪店の店主は自分の過去を語り始めて・・・。

●『いつか来た道』
厳しかった母と離れて暮らしていた主人公が数年ぶりに実家に帰ると
そこには年老いて認知症になった母がいた・・・。

●『遠くから来た手紙』
仕事人間の夫を置いて実家に戻った妻の元に
毎夜不思議なメールが届くようになった・・・。

●『空は今日もスカイ』
両親が離婚して母と二人で母の実家にきた少女は家出して、
虐待痕のある少年と海を目指すが・・・。

●『時のない時計』
父親の形見の腕時計を古い時計店で修理してもらう息子。
今は亡き父親の人物像が次々と浮かび上がりだす。

●『成人式』
事故で亡くなった15歳の娘。
5年後、両親は娘の代わりに成人式に出ることに・・・。

どれも短編なのでサラリと読めました。
根底にあるのは、「家族の絆」だと思います。
家族という組織は、年月がたつうちに、
ひびが入ったり、崩壊したりと、結構もろいものなのですね。
切なく思いますが反面、
前向きになれる強い希望も持っていると再認識しました。

6作品の中では
やはり、『海の見える理髪店』が一番良かった!
まーちさん同様、理髪店の店主のラストの言葉に泣けます。
個人的には『いつか来た道』も良かったです。
今は亡き私の母も認知症を患っていましたので、
こんな感じなのだなあと、しみじみ思いました。

直木賞受賞するだけのことはある作品集でした。


+5あり! +3あり! +1あり!
【 読了日: 】
タグ
この書籍の他のブクレポ
book_report_footer

ブクレポの輪

ブクレポの輪とは?

このブクレポへコメント

 アーミーさんのブクレポ

刑事魂に優しい癒しの雨
慈雨
5
あり!:45     コメント:0
篠田節子さんのエッセイ集
寄り道ビアホール
3
あり!:40     コメント:0
読書欲も食欲も満たされる作品
恋の病は食前に
4
あり!:43     コメント:0

 この書籍のブクレポ

やっぱり家族。。。
hi2515さん
3
あり!:41     コメント:0
小さな光が見つかるような家族小説
まーちさん
4
あり!:50     コメント:0