ブクレポ
ブクレポってどんなサイト?
login_header
新規登録(無料)
login_header
ようこそゲストさん 
  • ログイン
  • ブクレポとは?
  • ヘルプ
  • ホーム
  • 本をさがす
  • ブクレポをさがす
  • ユーザをさがす
まーちさん 
30 あり!
あり!
このブクレポを評価しよう!あり!とは?
+5あり! +5あり!を取り消す +5あり! +3あり! +3あり!を取り消す +3あり! +1あり! +1あり!を取り消す +1あり!
このブクレポにあり!した人
野球好きも野球嫌いも、みんなそろって意外な結末! » « 二つの連続事件に隠された、おぞましい秘密
book_report_header

書誌データ

小説・エッセイ
小学館
2017年 04月 発売
293P
9784093864664

内容紹介

事故でこの世を去った美術教師は、ひとりの女性の絵を残していた―。姉の自殺の真相を訊くために、美術教師で義兄のアトリエに通う栞。学費を捻出するために、JK産業に手を出してしまった愛。小学生の頃にいじめていた幼馴染みと、思わぬ所で再会した恵。愛する人の近くにいられる場所を、ひたすら探し求める誓。大切なものをすべてなくし、生きる意味を見いだせなくなった了。叶わない恋、追い続けた夢、崩れ去る覚悟...。儚くて切なくて残酷だけど胸に響く、五人の男女の青春の日々。

視点を変えることで明らかになる、さまざまな秘密

3

この作品は、5編の短編が収録された、連作短編集である。
各話のタイトルは、主人公の名前になっている。
最初の話を読んだだけでは、どんな作品なのかわからなかったのだが、読み進めていくと、全ての話は、時間を行きつ戻りつしながらつながっていることがわかってくる。
そして、視点を変えることで、前の話で描かれたさまざまなことの真相が明らかになっていくのだ。

第一章 栞  高校生の栞には、年の離れた、父親の違う姉・ナギサがいた。姉は、大学進学時に家を出て、一切連絡を絶っていた。その姉が自殺する。しかも、姉の結婚相手は、栞の高校の美術教師であることが発覚する。栞は、姉の自殺の真相を知るため、美術教師の鷹宮の、校内のアトリエに通うようになり・・・

第二章 愛  清川愛(めぐみ)は、栞の1学年下の女子高生。実は彼女、栞と付き合っていた男子生徒を奪ったことになっていたのだが、それは、大きな誤解だったことがわかる。それには、彼女が、美大に行くためのお金を稼ぐために、JKビジネスに手を出してしまったことが関係していて・・・

第三章 恵  恵雄介は、愛の同級生。彼は、栞に、密かな想いを抱き続けていた。そんな彼のことを想っている愛。雄介は、栞のことを思い続けながらも、愛と暮らし始める。芸大進学の夢を捨てきれない雄介。そんな彼は、バイト先で、意外な人物と再会し、すっかり立場が逆転していたことにショックを受け・・・

第四章 誓  萩原誓は、鷹宮の、中学・高校の同級生。鷹宮に想いを寄せる誓は、彼に近付くために、彼の友人と交際していた。その友人と別れた彼女に、鷹宮は、ナギサと一緒に暮らしてほしいと頼むのだった。しかし、ナギサには、精神疾患があることがわかり・・・

第五章 了  鷹宮了とナギサの出会いは、小学校3年の時で、彼女は彼の初恋の人だった。しかし彼女は転校してしまう。その彼女と、大学のサークルで再会した鷹宮だったが・・・

最後の話で、姉が自殺に至った経緯や、鷹宮が事故で死亡した際、車の助手席に、なぜ、誓が乗っていたのかや、鷹宮が大切にしていた、『花葬』というタイトルの絵画にまつわる秘密などが、全て明らかになる。

内容紹介に書かれている通り、全体としては、「儚くて切なくて残酷な」作品だったのだが、とにかく性描写が多く、その手の話はあまり好きではないので、やや評価が下がってしまった感じである。

実は、この作品を読んで一番驚いたのは、著者が女性だったということだ。
てっきり、男性だとばかり思っていた。
+5あり! +3あり! +1あり!
【 読了日: 】
タグ
book_report_footer

ブクレポの輪

ブクレポの輪とは?

このブクレポへコメント

 この書籍のブクレポ

ブクレポはまだありません。

この書籍のブクレポを書いてみましょう!

  悠木シュンの書籍のブクレポ

二つの誘拐事件の真相
トライアンフ
3
あり!:45     コメント:0
まるでパズルのような小説
スマドロ
3
あり!:28     コメント:0