ブクレポ
ブクレポってどんなサイト?
login_header
新規登録(無料)
login_header
ようこそゲストさん 
  • ログイン
  • ブクレポとは?
  • ヘルプ
  • ホーム
  • 本をさがす
  • ブクレポをさがす
  • ユーザをさがす
mintさん 
18 あり!
あり!
このブクレポを評価しよう!あり!とは?
+5あり! +5あり!を取り消す +5あり! +3あり! +3あり!を取り消す +3あり! +1あり! +1あり!を取り消す +1あり!
このブクレポにあり!した人
« 超リアル
book_report_header

書誌データ

小説・エッセイ
新潮社
2016年 11月 発売
247P
9784103030607

内容紹介

美少女仙人の隠された目的とは、何なのか?劉欣を失った僕僕一行は長安に戻り、静かな時を過ごしていた。だが突然、王弁が眠りに落ちてしまう。僕僕は王弁を助けるため、神馬の吉良と薬種を探しに行く。一方、神仙たちは僕僕捕獲のため始動。孫悟空、猪八戒、沙悟浄、関羽まで現れる。人界は果たして、滅ぼされてしまうのか?シリーズ最新長編。ラスト直前の第10弾!

ネタバレ

今作の主人公は薄妃さん?

5

いやー難しい。
前作の記憶を戻すのにも一苦労なのに、前作どころか一作目の
登場人物までも出てくる上に、あらたな神仙も次から次へと出てきて
誰だっけ?とネットで調べたり(でも「僕僕ステーション」に
紹介されている登場人物は少な過ぎて役に立たず・・・)
行きつ戻りつを繰り返しながら読み進めなくては・・・
そのような作業は嫌いじゃないですが、巻頭に人物紹介と
簡単な地図があればとても嬉しい。


今作は今までの、Sな師匠とMな弟子がほのぼのとした
会話をしながら旅を続ける物語ではありません。

これまでに時々出てきていた先生の過去と、
そして今でも何か考えるところがあるような?という
疑問が、いよいよ明らかになるのだな、という感じです。

その昔、破滅の象徴だった僕僕先生。
この度も破滅させると勘違い?させられた神仙たちが僕僕の行く手を
阻み壮大な戦いを繰り広げるも、根底には僕僕に対する
尊敬と思慕を感じます。

僕僕は「ボクにはやることがある」と言い、
長い年月をかけて志の助けとなる人物を探していたよう。
それが物語りの中では「器」と表現されています。
かつての弟子たちは誰もが器になることを望んでいたのに、
いまだ選ばれた者はいなかった様子。
とすると、冒頭で弥勒の「僕僕は器を見つけてしまったらしい」
と言った器は当然は王弁となります。

結局、僕僕の「やるべきこと」と器の存在の意味は不明なまま、
最終巻で明らかになるようです。

最終巻に向けてのエピローグは、
「渾沌」に飲み込まれようとしていたのか、化身になるとことだったのか
よく分かりませんが、すんでのところでタイトル通りの
「神仙の告白」をうけたことで自分を取り戻した王弁は
どうやら現代で目覚めます。
(何となく、器っていうのは、僕僕が愛した相手ってことかな?
という気がしないでもない。でも仙骨がどうのこうのだから
そんな単純なはなしではないか)

目覚めた場所は病院?手当てしているのはまさかの未来の自分。
そして未来の自分が「あなたの力になれるかもしれない」と
言うところから、起こった出来事に驚いていない。
さらに腕の「金色に輝く長い毛」を見せる。
これって!
童子の輪舞曲の中の「福毛」につながってる・・・
福毛では、王弁の生まれ変わりの男性は、妻(僕僕)に先立たれ
なんだかとっても切ない終わり方をしていた記憶が・・・
「待っていて欲しい」「誰よりも知っていたはずなのに」
と別れの際に言われた王弁の生まれ変わりは、
どうやって人肌脱いでくれるのか期待大。
それにしても。あの巻は単なるスピンオフではなかったのですね。


「器」である王弁が現在で目覚めたことが、最終巻ではどのような
展開になるのか、そしてラクスや裏切った司馬承偵はどうする?
貂は窯になっているの?
「境を見てくる」と意味深な言葉を残して去ったデラクの行動にも
意味があるはず。

最終巻では、あーあの時のアレはそういうことだったのか!と
伏線として見事につながり、ハリーポッター並の感動が出来ることを
楽しみにしています♪



+5あり! +3あり! +1あり!
【 読了日: 】
book_report_footer

ブクレポの輪

ブクレポの輪とは?

このブクレポへコメント

 mintさんのブクレポ

超リアル
森に眠る魚
4
あり!:20     コメント:0
読後は臭覚が冴える
凍りついた香り
4
あり!:17     コメント:0
縄文人と弥生人の恋バナ
二千七百の夏と冬 上
4
あり!:25     コメント:0

 この書籍のブクレポ

ブクレポはまだありません。

この書籍のブクレポを書いてみましょう!

  仁木英之の書籍のブクレポ

“土”が教えてくれた真実
つちくれさん
3
あり!:40     コメント:0
僕僕先生第八弾
仙丹の契り
4
あり!:5     コメント:0
ちょっと休憩
童子の輪舞曲(ロンド)
4
あり!:21     コメント:0
あいかわらず甘ちゃんな王弁ですが・・・
鋼の魂
4
あり!:18     コメント:0