ブクレポ
ブクレポってどんなサイト?
login_header
新規登録(無料)
login_header
ようこそゲストさん 
  • ログイン
  • ブクレポとは?
  • ヘルプ
  • ホーム
  • 本をさがす
  • ブクレポをさがす
  • ユーザをさがす
りえこさん 
0 あり!
あり!
このブクレポを評価しよう!あり!とは?
+5あり! +5あり!を取り消す +5あり! +3あり! +3あり!を取り消す +3あり! +1あり! +1あり!を取り消す +1あり!
このブクレポにあり!した人
ひさびさの赤川次郎だー! » « 夢に出てくるいたずらな子猫に導かれるように
book_report_header

書誌データ

小説・エッセイ
東京創元社
2016年 10月 発売
238P
9784488027667

内容紹介

高校生になった滝本望は、いまも祖母と神楽坂でふたり暮らしをしている。芸者時代の名前からお蔦さんと呼ばれる祖母は、料理は孫に任せきりだしとても気が強いけれど、ご近所衆から頼られる人気者だ。そのお蔦さんが踊りの稽古をみている、若手芸妓・都姐さんが寿退職することになった。幸せな時期のはずなのに、「これ以上迷惑はかけられない」と都姐さんの表情は冴えなくて...(「みやこさわぎ」)。神楽坂で起こる事件をお蔦さんが痛快に解決する!粋と人情と、望が作る美味しい料理がたっぷり味わえるシリーズ第三弾。

なんかお母さん化してないか。

3

四月のサンタクロース / みやこさわぎ / 三つ子花火 / アリのままで / 百合の真贋 / 鬼怒川便り / ポワリン騒動


お蔦さんの(というよりは望くんの?)神楽坂日記第三弾。

・・・望くんがせっせと手の込んだ料理を作ってるという印象ばかりが残るお話でした。面倒見はいいし、なんかお母さん化してないか。


あの水害から、もう12年も経つんだなあ・・・。この間のことのように思えるわ。

+5あり! +3あり! +1あり!
【 読了日: 】
book_report_footer

ブクレポの輪

ブクレポの輪とは?

このブクレポへコメント

 この書籍のブクレポ

ブクレポはまだありません。

この書籍のブクレポを書いてみましょう!

  西條奈加の書籍のブクレポ

人間を遣って、問題を解決する猫
猫の傀儡
4
あり!:35     コメント:0
この作品のレポは、書きたくない!
刑罰0号
4
あり!:65     コメント:0