ブクレポ
ブクレポってどんなサイト?
login_header
新規登録(無料)
login_header
ようこそゲストさん 
  • ログイン
  • ブクレポとは?
  • ヘルプ
  • ホーム
  • 本をさがす
  • ブクレポをさがす
  • ユーザをさがす
アーミーさん 
40 あり!
あり!
このブクレポを評価しよう!あり!とは?
+5あり! +5あり!を取り消す +5あり! +3あり! +3あり!を取り消す +3あり! +1あり! +1あり!を取り消す +1あり!
このブクレポにあり!した人
猫が見守る主人公の幸せ » « 「ねこもりさん」と猫の物語
book_report_header

書誌データ

小説・エッセイ
実業之日本社
2016年 06月 発売
429P
9784408536866

内容紹介

過疎化と高齢化が深刻な田舎町で「買い物弱者」を救うため、大学を中退したたまちゃんは、移動販売の「おつかい便」をはじめる。しかし、悩みやトラブルは尽きない。外国人の義母とのいさかい、救いきれない独居老人、大切な人との別れ...。それでも、誰かを応援し、誰かに支えられ、にっこり笑顔で進んでいく。心があったまって、泣ける、お仕事成長小説。

人と人との繋がりは「おつかい便」からも

4

「買い物弱者」という言葉が気になっていた作者が、
実際に「移動販売」を起業した女性を取材して執筆したのがこの作品だ。
すでにまーちさんがレポを書かれているので、
詳しいあらすじなどはそちらで読まれるとよくわかると思う。

生まれ故郷の田舎町で「買い物弱者」を救うために
大学を中退して
移動販売の「おつかい便」を始めた葉山珠美ことたまちゃん。
父親の経営する自動車修理販売の仕事を手伝っている
幼馴染の壮介に大事な商売道具でもある車の調達を依頼。
就職先で嫌な目にあり故郷に舞い戻ってきて
引きこもりをしている真紀に宣伝用のチラシを依頼。
友人たちの協力のもと、準備は着々と進んでいく。
そして隣町でほそぼそと「移動販売」をしている
元ヤクザの男に弟子入りを志願。
この男は、たまちゃんの父の友人でもあったので
なんとなく弟子入りもうまくいったのだが、
二十歳そこそこの女子が実行する起業にしては
上昇気流に乗り過ぎているな、という気がしないでもない。
まあこんな恵まれた人もいるんだと思えば、
それはそれでいいのだが。

たまちゃんの家庭環境は少々複雑で、
実母はたまちゃんが13歳のときに交通事故で亡くなった。
それから4年後に、父はフィリピン女性のシャーリーンと再婚。
シャーリーンは世話好きで明るい魅力的な女性だが、
日本人の気質とフィリピン人とは違うので、
押しつけがましいシャーリーンの親切に
たまちゃんは、いらつくことも多々ある。が、
この作品では、父とシャーリーンとたまちゃんの家族愛も
ひとつのテーマとなっていた。

「おかいもの便」をやりながら出くわす問題点は、
いつしか、たまちゃんとシャーリーンの溝も埋めていく。
そしてたまちゃんが
「おかいもの便」を思いついたきっかけともいえる
母方の祖母静子おばあちゃんとのお別れも、
この家族の絆を強くする。

この作品は作者の家庭への温かい想いが
「買い物弱者」や町全体にも向き、
ラストは、スケールの大きな家族愛で包まれている。
やはり森沢さんらしい作品だった。

※余談だが、私の幼少期には故郷の町にも「移動販売」があった。
野菜や魚など売りに来てくれたが、
今から思うと決して安い値段ではなかったと思う。
だが小さな子供(私たち)を抱えて
なかなか買い物にもいけない母は、よく「移動販売」を利用していた。
人と人との繋がりを考えると、「移動販売」はあってもいいものだと思い、
懐かい思いで作品を読み終えた。




+5あり! +3あり! +1あり!
【 読了日: 】
おすすめしたい人
男女共通
タグ
この書籍の他のブクレポ
book_report_footer

ブクレポの輪

ブクレポの輪とは?

このブクレポへコメント

 この書籍のブクレポ

「幸せの極意」とは?
まーちさん
4
あり!:55     コメント:0

  森沢明夫の書籍のブクレポ

誰のための失恋バスツアー?
失恋バスは謎だらけ
4
あり!:38     コメント:0
切なく素敵な、恋物語
きらきら眼鏡
4
あり!:55     コメント:0