ブクレポ
ブクレポってどんなサイト?
login_header
新規登録(無料)
login_header
ようこそゲストさん 
  • ログイン
  • ブクレポとは?
  • ヘルプ
  • ホーム
  • 本をさがす
  • ブクレポをさがす
  • ユーザをさがす
p-mamaさん 
30 あり!
あり!
このブクレポを評価しよう!あり!とは?
+5あり! +5あり!を取り消す +5あり! +3あり! +3あり!を取り消す +3あり! +1あり! +1あり!を取り消す +1あり!
このブクレポにあり!した人
宗教が世界の思想を構成している » « 共感もできたし反発も感じた
book_report_header

書誌データ

ビジネス
英治出版
2009年 04月 発売
313P
9784862760548

内容紹介

前世界銀行副総裁が語るリーダーシップの真実。貧困のない世界を夢見て...23年間の闘いから見えてきたもの。

著者紹介

西水 美恵子:大阪府豊中市に生まれ、北海道美唄市で育つ。東京都立西高校在学中、姉妹都市高校生親善大使としてニューヨーク訪問。その後間もなくロータリークラブ交換留学生として再渡米(後年、西高は中退)。そのまま帰国せず、ガルチャー大学へ入学。経済学を学ぶ。1970年卒業後、トーマス・J・ワトソン財団フェローとして帰国。千代田化工建設の特許課に借席し、環境汚染問題の研究。1971年、再度渡米する。1975年、ジョンズ・ホプキンス大学大学院、博士課程を卒業。同年、プリンストン大学経済学部、兼ウッドロー・ウィルソン・スクールの助教授に就任。1980年世界銀行入行、開発政策局・経済開発研究所。1983年同、産業・エネルギー局産業戦略・政策課。1987年同、欧州・中東・北アフリカ地域アフガニスタン・パキスタン・トルコ局リード・エコノミスト。1988年同、欧州・中東・北アフリカ地域アフガニスタン・パキスタン・トルコ局通商・産業・金融課課長。1992年同、国際復興開発銀行リスク管理・金融政策局局長。1995年同、南アジア地域アフガニスタン・バングラデシュ・パキスタン・スリランカ局局長。1997年同、南アジア地域副総裁。2003年世界銀行退職。現在、米国首都ワシントンと英国領バージン諸島に在留。世界を舞台に、執筆や、講演、様々なアドバイザー活動を続ける。2007年より、シンクタンク・ソフィアバンクのパートナー(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

目次

まるで一卵性双生児―インド、パキスタン/チャンドリカの癖―スリランカ/ああこの国はどうなる...―ネパール/カシミールの水―インド、パキスタン/偶然―トルコ、バングラデシュ、スリランカ/人づくりの奇跡―ブータン、パキスタン/男尊女卑?―インド、スリランカ、バングラデシュ/雷龍の国に学ぶ―ブータン/悲しい...―パキスタン、スリランカ/売春婦「ナディア」の教え―バングラデシュ、インド〔ほか〕

国は存在するのではなく”作る”もの

5

前世界銀行副総裁であった西永美恵子氏が語るリーダーシップとは。
国は自然にそこにあるものではなく、優れたリーダーシップを持ち自分の私利私欲のためではなく民のために国をつくつくる。
その手助けをするための資金貸付・技術援助をしているのが世界銀行。

経済学者の道から、世界から貧困を撲滅するという目標を掲げる世界銀行に入行された著者。
そしてまず現場を見て、その国のリーダーを見て、その貸付が有効であるか確認する。
そのために途上国の貧しい地域にホームステイし、リーダーと対談し資質を計る。
そこで見えてきた国をつくるということ。
著者から見たリーダーシップ精神とはが書かれた本。
なぜだか分からないが、読みながら何度も涙がこぼれてしまった。

恥ずかしいけれど世界銀行というものがどのようなものであるか全く知らず、そもそもplan international japan 主催の読書感想文:課題図書の一つだったこの本を読んで、初めて知った。
こんな素晴らしい仕事をしている方たちが世界にはたくさんいる。
そして助けられた人たちがいる。
一人一人が意識を持って行動すれば、世界平和はきっと絵に描いた餅では無い。
そんな希望の持てる一冊。
ぜひ若い方に読んで欲しいと思う。

ちなみに日本も世界銀行に助けられた国の一つ。
wikipediaによれば投資適格国から卒業したのが1967年。
全額返済が終わったのが1990年。
東海道新幹線の整備にも使われたと読んで驚いた。「一億総中流時代」なんて言われていた時代にもまだまだ借金の返済をしていたのだ。
+5あり! +3あり! +1あり!
【 読了日: 】
おすすめしたい人
中・高生 20代
book_report_footer

ブクレポの輪

ブクレポの輪とは?

このブクレポへコメント

 この書籍のブクレポ

ブクレポはまだありません。

この書籍のブクレポを書いてみましょう!

  西水美恵子の書籍のブクレポ

ブクレポはまだありません。

西水美恵子の書籍一覧へ