ブクレポ
ブクレポってどんなサイト?
login_header
新規登録(無料)
login_header
ようこそゲストさん 
  • ログイン
  • ブクレポとは?
  • ヘルプ
  • ホーム
  • 本をさがす
  • ブクレポをさがす
  • ユーザをさがす
まーちさん 
35 あり!
あり!
このブクレポを評価しよう!あり!とは?
+5あり! +5あり!を取り消す +5あり! +3あり! +3あり!を取り消す +3あり! +1あり! +1あり!を取り消す +1あり!
このブクレポにあり!した人
“三十にして立つ” » « 個人的には、「少年」の方がよかったかな。
book_report_header

書誌データ

教育・資格検定
サンマーク出版
2016年 07月 発売
341P
9784763135643

内容紹介

科学者×霊能者のリュウ博士によるおもしろくて、ためになる「見えない世界」の授業。誰も知らなかった「神社」の秘密がいま、明かされる!龍の化身「ドラゴンくん」と、ヤタガラスの化身「ヤタ子」が楽しくナビゲート!あの経営者も、あの政治家も、あの武将も知っていた!日本古来の願いをかなえる「すごい!システム」。日本地図でひとめでわかる!全国主要「天下取り神社」付き。

目次

プロローグ 科学者が“商売あがったり”になっても伝えたい「神社の真実」/1章 成功している人は知っていた、神社に仕組まれた秘密の力/2章 知らなきゃもったいない!神さまとご縁が深まる祈り方のルール/3章 世界を動かす見えない仕組み/4章 神社式コミュニケーションで仕事も人間関係もうまくいく/5章 人生を加速させる次元上昇を起こそう/エピローグ 「神社のある日本」という人を幸せにするシステム

期待外れだった・・・ (ーー;)

2

この本を読もうと思ったのは、半年ほど前の、姉との何気ない会話からである。
細かいことは忘れてしまったが、姉の運気が上がったのは、神社に沢山行ったのがよかったのではないか、みたいな話から、
「そういえば、こんな本が売れてるみたいだよ」と、私が言ったところ、
こんなことが書かれているのかとか、あんなことが書かれているのかとか、勝手に想像して、話が盛り上がった。
じゃあ、読んでみるよ、ということになり、図書館で借りようと思ったのだが、地元の図書館にはなく、他の図書館から取り寄せてもらい、やっと届いて、読めることになったというわけだ。

期待に胸をふくらませて、表紙をめくったのだが、まず、目に入ったのが、
「科学者×霊能者のリュウ博士による おもしろくて、ためになる『見えない世界』の授業」
という紹介文。
それを見た瞬間、なんだか、うさんくさいものを感じてしまった。
正直、真面目に、神社や神様について解説した本だと思っていたので、戸惑いを隠せなかった。

さらにページをめくると、「登場人物紹介」ということで、リュウ博士に加え、龍神の化身のドラゴンくんと、ヤタガラスの化身のヤタ子という、2柱のキャラクターが、イラスト付きで紹介されている。
ゆるキャラ好きの私ではあるが、この本に、それを求めてはいなかった。

さらにページをめくると、著者は、「触覚タイプ」の霊能者だと言っている。
箱根の九頭龍神社を訪れた夜、自宅のベッドに、龍神がやってきたというのである。
それが、神さまとのファーストコンタクトだったと。

う~ん、読めば読むほどうさんくさい。

信長・秀吉・家康の成功の差について書かれていたが、信長が本能寺で討死したのは、諏訪大社と日吉大社を焼いたかららしい。
日吉大社が焼失していたため、諏訪大社から解き放たれた魔が、京都に侵入するのを防げなかったとか。
家康にしろ秀吉にしろ、信長が焼いた神社を再建した人物が、天下人になっているというのである。
まぁ、なるほどねということにしておこう。

参拝回数と幸福度の関係なんて、4つの年収別に100名ずつ、男女それぞれ200名ずつという人数の調査で、はたして、どこまで信憑性があるのか・・・

百済観音像が、「おさいせんには500円を入れなさい」なんて言うか?

アイドルのコンサートも、神社の代わりになる?
ライブは、「集合意識をつくるお祭り」だから。
だったら、ゆるキャラだって、神様になれるぞ。
この本を読むと、なんでも神様になってしまって、どこでも神社にしてしまえるのか?という気分になる。
なんといっても、「神棚はパソコン」「お守りはスマホ」「ご朱印帳はタブレット」だと言うのだから。
いつでもどこでも、神社インターネットに接続できますだって。

結局、神社や神様の本というよりは、自己啓発とかスピリチュアル的な本という印象だった。
ただ、この本で紹介されていた神社(冒頭に、「全国主要 天下取り神社」も掲載されている)は、確かに、行く価値がある神社ばかりだったので、神社めぐりの参考にはなるかもしれない。

姉と、この本の話をするのを楽しみにしていたのだが、がっかりである。
書き方が軽すぎるのも、印象が悪かった。
所々、ちゃんとしたことも書かれているのだが、全体的な軽い雰囲気のせいで、霞んでしまった感じがする。

著者は、年収1000万円近くあった会社を辞めてまで、この本を書いたらしいが、そこまでの価値がある本だとは思えなかった。

そうそう、この本を読んで、一つだけ、なるほどと思ったことがあった。
それは、「縁結び」の神様についてである。
「縁結び」というと、恋愛や結婚のことばかり考えていたが、新たな取引先との「縁」や、新たな人との出会いなども、「縁結び」になるということがわかり、いいことを知ったと思った。
+5あり! +3あり! +1あり!
【 読了日: 】
メモ
スタンプの「役に立つ」は、神社の紹介に関してのみの評価です。
book_report_footer

ブクレポの輪

ブクレポの輪とは?

このブクレポへコメント

 この書籍のブクレポ

ブクレポはまだありません。

この書籍のブクレポを書いてみましょう!

  八木龍平の書籍のブクレポ

ブクレポはまだありません。

八木龍平の書籍一覧へ