ブクレポ
ブクレポってどんなサイト?
login_header
新規登録(無料)
login_header
ようこそゲストさん 
  • ログイン
  • ブクレポとは?
  • ヘルプ
  • ホーム
  • 本をさがす
  • ブクレポをさがす
  • ユーザをさがす
こたろうさん 
43 あり!
あり!
このブクレポを評価しよう!あり!とは?
+5あり! +5あり!を取り消す +5あり! +3あり! +3あり!を取り消す +3あり! +1あり! +1あり!を取り消す +1あり!
このブクレポにあり!した人
皇后と石牟礼さんの出会い » « 事件の内容を徐々に思い出しました。
book_report_header

書誌データ

ライフスタイル
法研
2017年 06月 発売
173P
9784865133882

内容紹介

かくれ躁うつ病、新型うつ病、依存症、食べ吐き、リストカット、暴言、パニック障害・不安障害...治らないその症状は、発達障害に“重ね着”しているのかも?

目次

第1章 なぜ発達障害が増えているのか(はじめに―なぜ今、発達障害が注目されてきたのか/そもそも発達障害とは ほか)/第2章 発達障害は万病のもと(発達障害と合併症・二次障害/気分障害―発達障害のほぼ9割が合併 ほか)/第3章 発達障害を正しく診断するには(学童期の心理学的に言われる“9歳の壁”/発達障害の初診年齢と二次障害の発症年齢 ほか)/第4章 良く効く発達障害の治療法・対処法(発達障害の診断と治療の受け方のコツ/薬物療法の実際 ほか)/第5章 発達障害とキャリア・ガイダンス(就活のキーワードは「コミュニケーション能力」、次に「主体性」/就労支援(キャリア・ガイダンス)はなぜ必要か ほか)

ジャイアン・のび太は発達障害?

4

最近大人にもあると言われるようになった「発達障害」

もしかして自分もそうなのかなと、心配になったりしませんか。

私はすこし心配になりました。

そして本書を読んで(自己診断用のチェックシートもついています)どうやらそうではなさそうだとわかり、安心したのですが、それよりも奥の深い「発達障害」のバリエーションに改めて驚きました。

「かくれ鬱症状」というのも根っこに発達障害があって発症しているのだと筆者は書いています。

つまり「新型うつ病」なども「重ね着症候群」と呼ばれる根本に発達障害を抱えていて、表面に現れている症状、病が各種の依存症であったり(アルコールや薬物)引きこもり、過食、リストカットなど生きにくい現代で多くおこっている精神の万病の元なのだ、とまで言い切っています。


つまり表面の症状に対処していくだけでは発達障害の改善は見られないわけで、いつまでたても改善、治癒は望めないということになります。


障害という言葉が印象を悪くしているのですが、つまりは成長のバランスが悪い、アンバランスということを言いたいわけで、子どものころから顕著に症状が出て集団になじめないケース以外に、なんとなくうまくいかない、なじめない、生きにくいという印象を持ちながら何故かはわからいままに悩んできている人たちの多くが何らかの発達障害を疑ってみるべきだと、いうわけです。


その種類ですが

ADHD 注意力に欠け、落ち着きがなく、衝動的な行動をとりがちな人達です。

対人スキルや社会性に問題がある自閉症アスペルガー症候群などをふくむ広汎性発達障害 特定の能力の習得が困難な学習障害などだそうです。

知的レベルが劣る場合も逆に常人より優れている人も多く、様々です。

そしてそれぞれが単独ではなく、複合的に表れるケースがあり、簡単に診断できるものではないようです。


発達障害がふえる要因として筆者は現代生活に特有なテレビの見すぎパソコンやスマホのやりすぎ、食生活や夜更かしなどが脳の発達をアンバランスにしているのでは、といいます。

それを改善するのは一言で言うと健康的な生活をおくること。

早寝早起き、青魚を食べ、日の光に当たるというごく当たり前の生活をすることが大事だと言います。

そして仕事に没頭すること、だとも。暇は毒なのだそうです。


いじめの問題も発達障害でその原因が見えてくるらしいです。

つまり「ドラえもん」の登場人物ジャイアンのような多動・衝動型優勢型の発達障害をもついじめっ子と不注意優勢方ののび太が出会うと、ジャイアン型のいじめっ子がのび太のようないじめられやすい子供を狙っていじめるという悲惨な結果になるようです。

どちらもタイプは異なるもののADHDなのだと筆者は書いています。

のび太タイプは、過度の期待をしたりネグレクトにあうとすぐに自信を失って引きこもってしまうのだとか。

のび太タイプが一番数が多いADHDだとも書いてありました。

そして意外にもスネ夫が「ドラえもん」の中では健常者なのだそうです。意外でした。


治療法はいろいろあるようですが、自分のアンバランスな状態を自覚することからはじまるようです。家族もその依存症などを陰で協力し支えている(そうするつもりはないのですが)イネープラーであることも多く、そこも改善しないといけないそうです。


生まれつきの生涯ではなく、成長につれて歪みを大きくするように自らが育てている「発達障害」恐ろしいなと、根が深いなと思いました。


対症法のひとつとしてあげられているバランスの取れた食生活の補助サプリとしてあげられていたDHCとEPAのサプリメントカプセルを購入して飲み始めたところです。

オメガ3系の脂肪酸が頭を活発にしてくれるそうなので、発達障害ではなくても、このごろ特にぼんやりしている私の頭の働きを改善してくれないかなと、期待して服用しています。

+5あり! +3あり! +1あり!
【 読了日: 】
book_report_footer

ブクレポの輪

ブクレポの輪とは?

このブクレポへコメント

 こたろうさんのブクレポ

事件の内容を徐々に思い出しました。
罪の声
4
あり!:60     コメント:0
昔の男性に託された男の子を育てる日々
たまもの
3
あり!:25     コメント:0
平凡で胸に残る人生
ストーナー
4
あり!:35     コメント:0

 この書籍のブクレポ

ブクレポはまだありません。

この書籍のブクレポを書いてみましょう!

  岩橋和彦の書籍のブクレポ

ブクレポはまだありません。

岩橋和彦の書籍一覧へ