ブクレポ
ブクレポってどんなサイト?
login_header
新規登録(無料)
login_header
ようこそゲストさん 
  • ログイン
  • ブクレポとは?
  • ヘルプ
  • ホーム
  • 本をさがす
  • ブクレポをさがす
  • ユーザをさがす
クロニスタさん 
45 あり!
あり!
このブクレポを評価しよう!あり!とは?
+5あり! +5あり!を取り消す +5あり! +3あり! +3あり!を取り消す +3あり! +1あり! +1あり!を取り消す +1あり!
このブクレポにあり!した人
浦上の友に向けたメッセージ » « ふーん
book_report_header

書誌データ

新書・文庫
文藝春秋
2013年 07月 発売
318P
9784167838683

内容紹介

長崎・浦上天主堂の被爆遺構には、世界遺産・広島「原爆ドーム」にも匹敵する価値があった。しかし戦後13年目、取り壊され地上から消えた。当初保存に積極的だった市長は、なぜアメリカ外遊の後、「資料として無意味」とまで翻心したのか?渾身のノンフィクション。東日本大震災の遺構撤去をめぐる補記を附す。

目次

第1章 昔、そこに天主堂の廃墟があった/第2章 弾圧を耐え抜いた浦上の丘/第3章 原爆投下―浦上への道/第4章 浦上の聖者と米国の影/第5章 仕組まれた提携/第6章 二十世紀の十字架/第7章 傷跡は消し去れ/第8章 アメリカ/第9章 USIA/第10章 天主堂廃墟を取り払いしものは

おすすめポイント

爆心に近く残骸となった浦上天主堂は、保存の声も高かったのにも拘らず完全に撤去、再建された。その裏にいったい何があったのか?

難しい問題だ

4

 


 広島には原爆の悲劇を後世に伝えるための象徴的なモニュメントとして「原爆ドーム」がある。しかし長崎にはそのようなものがない。それはなぜか。

 実は長崎にも「原爆ドーム」になり得る被爆遺構があった。浦上天主堂だ。

 戦後もしばらくは撤去もされずに残った遺構を、原爆の記憶として残すことに、市議も市長も保存に向けて前向きだった。同地に天主堂の再建を目指していた司教も、市民が望めば、遺構を保存することにやぶさかではなかった。行政も市民も土地権原者も保存に向けて動いていたのだから、現存していてもおかしくはなかった。

 しかし戦後13年目にして、取り壊されてしまった。

 ひとつのきっかけとして市長の変節がある。

 戦後10年を機に長崎にアメリカのセントポール市との姉妹都市提携の話が持ち込まれた。今でこそ姉妹都市なんてそこら中にあるので珍しくもないが、これはその第1号、日本初だった。

 この話を進めるためにアメリカに渡った市長は、行く先々の都市で歓迎を受け、繁栄を極めるアメリカに魅了されてしまい、言うなれば懐柔されてしまった。(アメリカが浦上天主堂の遺構を撤去するように市長に迫ったかどうかは不明。長崎市に対してなにかしらの条件を出したかどうかも不明。なので、市長がただただアメリカに魅了されただけなのか、長崎の発展のためにはアメリカと友好関係を第一にしようと考えたのか、その辺も不明)

 当時のアメリカは反共政策のひとつとして、その財力にものを言わせて、世界各国の要人や若者を招いては歓待をし、親米家を増やすということをやっていたらしい。そのための専門機関(USIA)もあった。United States Information Agency の略で日本語ではアメリカ広報・文化交流庁というらしい。日本語にするとちょっとした観光促進とか、文化交流の推進みたいなイメージだが、目的は反共政策だから、その規模は推して知るべしだ。

 もう一つのきっかけは土地権原者である浦上天主堂の山口司教が、これまたアメリカ各地を巡り、天主堂再建のための寄付集めに奔走したことだ。でもこちらは変節ではない。天主堂再建は司教にとっても信者にとっても復興の第一の眼目なのだから。

 浦上という土地は江戸時代から、何度も何度も迫害を受けた土地だった。隠れキリシタンとして潜伏し数百年に渡り信者は耐え忍んだ。天主堂の建てられた場所はかつて信者たちに踏み絵を強要し、拷問した庄屋のあった丘だった。彼らは自分たちの信仰を弾圧した権力者の建物を壊し、その上に天主堂を建てた。その意味から、遺構を残したいからといって、天主堂を違う場所に移転するということは簡単なことではなかった。やっぱり同じ場所に復興の証として再建したいという思いがあったのだろう。

 このような経過で撤去への動きは加速していく。市民も権原者も撤去へ、残りは市議と市民の声が頼りだが、実は市民の関心はそれほど高くなかった。それも浦上という土地に関係している。
 
 当初の原爆投下予定地の長崎市内中心部から浦上は西に少しずれている。原爆投下時、市内が前日の空襲の影響で煙っていたため、浦上に目標がずれてしまったわけだが、市民の中には「浦上は耶蘇教の土地だから天罰が下ったんだ」と考えている人もいた。市の中心付近の人たち比較的被害が少なく、諏訪の神様が守ってくれたんだ、と思った。(有名な『長崎くんち』は諏訪神社のお祭り)
 市民の声も、なんとしても保存!というような強いもの、強いまとまりはなかったようだ。

 東日本大震災のときも震災遺構の撤去と保存の問題が住民の間であったから、保存ということでまとまるというのはなかなか難しかったのかもしれない。あの遺構をみると原爆を思い出すから早く撤去してくれなんて声もあったろうし。

 でも、たぶん市長が変節しなければ、残った可能性は大だ。

 一方の広島の原爆ドームは何で残ったのだろう? 調べてみよう。

 

+5あり! +3あり! +1あり!
【 読了日: 】
この書籍の他のブクレポ
book_report_footer

ブクレポの輪

ブクレポの輪とは?

このブクレポへコメント

 クロニスタさんのブクレポ

ふーん
ゾウの時間ネズミの時間 サイズの生物学
4
あり!:45     コメント:0
なるほどね
スター・ウォーズ論
3
あり!:30     コメント:0
ほらを吹くのも才能だ!
ほらふき男爵の冒険
5
あり!:28     コメント:0
エスプリの戦い
マティスとルオー 友情の手紙
4
あり!:33     コメント:0

 この書籍のブクレポ

失われた二十世紀の十字架
sashaさん
4
あり!:88     コメント:0