ブクレポ
ブクレポってどんなサイト?
login_header
新規登録(無料)
login_header
ようこそゲストさん 
  • ログイン
  • ブクレポとは?
  • ヘルプ
  • ホーム
  • 本をさがす
  • ブクレポをさがす
  • ユーザをさがす
クロニスタさん 
45 あり!
あり!
このブクレポを評価しよう!あり!とは?
+5あり! +5あり!を取り消す +5あり! +3あり! +3あり!を取り消す +3あり! +1あり! +1あり!を取り消す +1あり!
このブクレポにあり!した人
これは小学生男子がはまるね » « 難しい問題だ
book_report_header

書誌データ

新書・文庫
サンパウロ
1995年 04月 発売
160P
9784805664056

浦上の友に向けたメッセージ

5

 長崎への原爆投下当時、爆心地からわずか700メートルの場所にあった長崎医科大学で教鞭をとっていた永井隆博士。自らも被爆しながらも生き残った者たちと懸命に被爆者の救出、介護にあたる模様を記録した本。医者としての冷静に傷や病気を観察した模様も描かれており、医療記録としても貴重だと思われる。

 涙が出てくるような感動的な話はない。どちらかというと何が起こったのかもわからないまま混乱し、狼狽する描写が続く。なにか相当な破壊力をもった爆弾にやられたらしいことはわかったが、状況を把握できないながらも、けが人の救助、火災からの避難と、なすべきことに邁進する。あたりに転がる無数の遺体。そこには教え子の顔も、同僚の顔もあり、悲しみがこみ上げてくるが、そんなことに気を取られる前に、ひとつでも救える命を救うという医師としての使命感で突き進んでいく。

 原爆の話というと悲哀、痛み、憎しみ、虚無感漂うものが多いが、この『長崎の鐘』には医療従事者たちの勇壮な姿が見える。例えとしてふさわしいかわからないが、米ドラマの『ER』みたいだ。

 この本、先にレポを書いた『ナガサキ 消えたもう一つの「原爆ドーム」』のなかで、気になったことがあったので読んだ。それは永井博士の「原爆は神の御摂理」という思想だ。
 とんでもない思想だ、という意見は当時も今もある。自分もそう思った。なんでそんなこと言ったのだろうと気になった。

 本の中では、ある信者の問いかけに対して、この言葉は語られていた。

 原爆により妻子を失ったある復員兵の問いかけ。たぶんキリスト教徒の土地である浦上に原爆が落ちて、諏訪祭神を祀る市内中心地の犠牲者が比較的少なかったという事実を受けてのこと。

「誰に会うてもこういうですたい。原子爆弾は天罰。殺された者は悪者だった。生き残ったものは神様から特別なお恵みをいただいたんじゃと。それじゃ私の家内と子どもは悪者でしたか!」

 それに対する答えとして語られたのが「原子爆弾は神のみ摂理」だった。

 神は罪深き人間の行いを嘆き多くの罰を与えた。日本以外でも多くの大聖堂が焼かれ、キリスト教徒が殺された。それでも神は許されなかった。浦上の地でも長いこと迫害が続いた、しかしとうとう原子爆弾を最後に神は罰をあたえることを止めた。
 原爆で死没した人々は汚れなき羔(こひつじ)として神に捧げられたのだ。(だから天使に囲まれて昇天した) 生き残った被爆者たちには神がまだ試練をあたえているのだ。我々(被爆者)は天国への入学試験に落ちた落第生だ。

 この考えはあくまで同じキリスト教を信じる同志に対して語られた宗教観であって、あくまでも魂を救うための説教なのだ。だから別に責められるべきものでもないと思う。この考え方で信者が絶望の淵から立ち直り、前を向けるならそれでいい。いうなれば救済のための方便だ。全世界に向けて普遍的なメッセージを発したわけでなはい。

 問題なのは、この考えを戦争の正当性に当てようとする邪な考え方だ。

 文面から察するに永井博士も原爆を否定している。原爆の悲劇は浦上が最後でいいと願っている。そもそも宗教人なんだから、だいたいのことは神のみぞ知るなのだ。

 だからまだ根強い、原爆が必要悪だったという考えに同調する必要はないし、被爆国の日本人としては、そのような邪な考えを絶対悪として断罪すべきであることに変わりはない。

 
+5あり! +3あり! +1あり!
【 読了日: 】
book_report_footer

ブクレポの輪

ブクレポの輪とは?

このブクレポへコメント

 クロニスタさんのブクレポ

ふーん
ゾウの時間ネズミの時間 サイズの生物学
4
あり!:50     コメント:0
なるほどね
スター・ウォーズ論
3
あり!:30     コメント:0
ほらを吹くのも才能だ!
ほらふき男爵の冒険
5
あり!:28     コメント:0

 この書籍のブクレポ

ブクレポはまだありません。

この書籍のブクレポを書いてみましょう!

  永井隆の書籍のブクレポ

あとに残される小さき者たちへ
この子を残して
3
あり!:55     コメント:0