ブクレポ
ブクレポってどんなサイト?
login_header
新規登録(無料)
login_header
ようこそゲストさん 
  • ログイン
  • ブクレポとは?
  • ヘルプ
  • ホーム
  • 本をさがす
  • ブクレポをさがす
  • ユーザをさがす
30 あり!
あり!
このブクレポを評価しよう!あり!とは?
+5あり! +5あり!を取り消す +5あり! +3あり! +3あり!を取り消す +3あり! +1あり! +1あり!を取り消す +1あり!
このブクレポにあり!した人
医療人 » « 母と娘は面倒くさい
book_report_header

書誌データ

コミック
双葉社
2014年 07月 発売
170P
9784575335552

「美味しい」は小さな幸せ

4

ホスピ・めし 2nd season第2巻


case5糖尿病の自己管理

奥さんと離婚した頃から糖尿病を発症し、この5年、何度か入退院を繰り返している。

原因は、本人の自己管理不十分。

病院で、小さい男の子と会う。「僕は寝てなきゃだめで、おじいちゃんは寝てちゃだめなの?」と言うかわいい子、ヒロトくん。

麦子に、バブル時代にバーでもてるために培った(?)手品を披露すると、それをヒロトくんにみせてあげて、と麦子が頼む。手品のおかげでおやつを食べたくなったヒロトくんは、しかし突然天国へ…。糖尿病のおじいちゃんは、週1回、小児科病棟へマジック披露のボランティアに来ることになった。


case6直腸癌終末期の女性45歳。

ダンナは大学の准教授33歳だが、出合いは彼が大学入学時。

けど、彼女は一所懸命に大人な女性になろうとしていたようで、終末期でどんどん少女らしさを取り戻して、ダンナの腕の中で旅立っていく。


case7思春期ニキビ

親とは喋らない、一緒にご飯も食べない、コンビニ弁当だけど、周囲を気にしてサラダは食べない、不規則な食事…。これでニキビは治るわけない。受験だからと禁止されたダンス。オヤジとは一生口をきかないつもり…。それじゃぁダメじゃん、と父親と対峙し、家でご飯を食べ、弁当も作ってもらい、を伝える麦子。彼の場合は上手くいったけど…

「普通に朝昼晩食べるkと、普通に家でご飯を食べることが、だんだん普通じゃなくなってきました。ワタシは食卓を守りたいけれど」とは麦子の慨嘆。


case8褥瘡のおばあちゃん94歳

褥瘡が治るまで、病院で手当てを受けるが、担当看護師がもっと甘えて我慢しないで、と伝えて、美味しいと思うものをどんどん食べていく。看護師は「美味しい」は小さな小さな幸せかもしれないけれど、それが少しでも長く続いてほしいと願う。

94歳にしては驚異の回復力で、3ヵ月で退院していった。


「JOURすてきな主婦たち」2014年の2月号~5月号に掲載された上記4編。

「食べる」ことは「生きる」こと、そして「生きる力」となることを実感させてくれるマンガだ。

+5あり! +3あり! +1あり!
【 読了日: 】
タグ
book_report_footer

ブクレポの輪

ブクレポの輪とは?

このブクレポへコメント

 ムーミン2号さんのブクレポ

母と娘は面倒くさい
ホスピ・めし2nd season 1
4
あり!:35     コメント:0
生きるのは大変
サイコドクター楷恭介 1
4
あり!:30     コメント:0
まるごと一冊乳酸菌
はたらく細胞 05
5
あり!:40     コメント:0

 この書籍のブクレポ

ブクレポはまだありません。

この書籍のブクレポを書いてみましょう!

  野崎ふみこの書籍のブクレポ

医療人
ホスピ・めし2nd season 3
4
あり!:25     コメント:0
母と娘は面倒くさい
ホスピ・めし2nd season 1
4
あり!:35     コメント:0