ブクレポ
ブクレポってどんなサイト?
login_header
新規登録(無料)
login_header
ようこそゲストさん 
  • ログイン
  • ブクレポとは?
  • ヘルプ
  • ホーム
  • 本をさがす
  • ブクレポをさがす
  • ユーザをさがす
sashaさん 
35 あり!
あり!
このブクレポを評価しよう!あり!とは?
+5あり! +5あり!を取り消す +5あり! +3あり! +3あり!を取り消す +3あり! +1あり! +1あり!を取り消す +1あり!
このブクレポにあり!した人
霊園で日本近現代史を知る » « 戦犯を免責された男
book_report_header

書誌データ

エンターテインメント
朝日新聞社
1999年 03月 発売
274P
9784022572363

妖精を見たことがありますか

3

イギリスのロンドン塔でも、カナダ・ケベック州の「出る」と言われ
るホテルでも幽霊が見られなかった。ポルターガイスト現象に
遭遇したこともなければ、空を見上げていても未確認飛行物体
も目撃できず。ついでに「小さいおじさん」も「小さいお侍さん」
も見たことがない。

勿論、心霊スポットと言われる場所でも何も感じず、パワースポット
でもパワーを感じない。それでも神社仏閣では一応、空気の流れ
が違うくらいは分かる。

だから、妖精目撃なんて到底できやしない。しかも写真に妖精の
姿がばっちりと写っているなんて羨ましい限りだ。でも、この妖精
写真はやっぱりどこかおかしいんだよね。

1917年にイギリスの北部コティングリーで二人の少女が撮った
妖精の写真はシャーロック・ホームズの生みの親コナン・ドイル
をも巻き込んだ騒動に発展した。

本書は妖精写真を巡る騒動の顛末を描いているのだが、話が
あっちへ飛んだりこっちへ飛んだりで少々まだるっこしい。

結局、老齢となった二人が「あれは作り物だった」と告白するの
だが、偽造写真を撮った動機がさっぱり分からない。著者はせっ
かく当事者である二人と交流があったのに、真相を十分に聞き
出せないままに二人ともが世を去っている。

少女時代のちょっとしたおふざけだったのかな。出来心にしても
その後60年近くも自分たちが撮った写真につきまとわれる人生
はどうだったのだろう。

いるなら見たいよね、妖精。やっぱりティンカーベルみたいな恰好
をしているのかな。でも、日本にも妖精っているんだろうか。

あ、いたわ。そして私も見たことがあったわ、全身が黄色い「梨の妖精」
だけどね。
+5あり! +3あり! +1あり!
【 読了日: 】
タグ
book_report_footer

ブクレポの輪

ブクレポの輪とは?

このブクレポへコメント

 この書籍のブクレポ

ブクレポはまだありません。

この書籍のブクレポを書いてみましょう!

  ジョークーパーの書籍のブクレポ

ブクレポはまだありません。

ジョークーパーの書籍一覧へ