ブクレポ
ブクレポってどんなサイト?
login_header
新規登録(無料)
login_header
ようこそゲストさん 
  • ログイン
  • ブクレポとは?
  • ヘルプ
  • ホーム
  • 本をさがす
  • ブクレポをさがす
  • ユーザをさがす
クロニスタさん 
45 あり!
あり!
このブクレポを評価しよう!あり!とは?
+5あり! +5あり!を取り消す +5あり! +3あり! +3あり!を取り消す +3あり! +1あり! +1あり!を取り消す +1あり!
このブクレポにあり!した人
読まなくてもいいかも » « 浦上の友に向けたメッセージ
book_report_header

書誌データ

絵本・児童書
高橋書店
2016年 05月 発売
175P
9784471103644

内容紹介

笑えて、ちょっとためになる!生き物たちのおどろきの真実。思わずつっこみたくなるいきもの122種。

目次

第1章 ちょっぴり進化のお話(進化って、なんだ?/進化の歴史を見てみよう ほか)/第2章 ざんねんな体(ダチョウは脳みそが目玉より小さい/カバのお肌は超弱い ほか)/第3章 ざんねんな生き方(ヤブイヌのメスは逆立ちでおしっこをする/カンガルーの赤ちゃんは口と乳首がはなれない ほか)/第4章 ざんねんな能力(ソレノドンの毒はあまり意味がない/カメガエルははねられないし泳げない。水に入るとおぼれる ほか)

これは小学生男子がはまるね

4

 児童書だからすぐ読み切れる。続編もある。(以下の紹介例は正か続かどちらに載っていたか忘れてしまった)

 普通の図鑑は動物がどれだけ強いかととか、どれだけ大きいかとか、特殊技能だとかをそういうのを載せるけれど、これはざんねんな行動を紹介した本。とくにうんこねたが多い。完全に小学生男子を意識しているな、これは。

 コアラの母親は子供に自分のうんこを食べさせる。主食であるユーカリには毒があり消化も難しいが、毒素を分解する細菌を生まれた子供は持っていない。だから母親のうんこから摂取して腸に住まわせる消化できる体質になる。

 ウォンバットのうんこは四角い。うんこが四角いからと言って肛門が四角いわけではない。縄張り意識の強いウォンバットはうんこで縄張りを主張する。転がっては困るので四角くなった。

 カンガルーの子どもは親の袋のなかで育つが、うんこもおしっこも袋の中に出しッぱなし。しかしそれほど臭くならないらしい。なぜなら親がせっせと舐めてお掃除しているから。

 まだまだ小学生男子が喜ぶネタが満載だ。

 ダンゴムシは口から食べ物を摂取するのに、なぜか水はお尻から摂取する。
 ハチミツは蜜蜂の吐いたゲロらしい。
 ナマコの肛門に住み着く魚がいる。
 ザリガニはびびると顔からおしっこをする。捕まえたことあるひとならわかるとおもうが、あれは涙じゃないぞ!気を付けろ!

 初めて知ったのは口から呼吸をするのは人間だけだということ。ほんとかそれは?
 人間以外の動物は鼻からしか呼吸をしない。だから鼻くそがつまると呼吸ができない。猿やゴリラは手でほじれるからいいが、キリンなどは長い舌で鼻くそをほじるらしい。そういえばオカピが耳くそを舌でほじっているのを見たことがある。
 きったな~い、と人間は思うが、そういう人間だって、肛門を舐めた犬に手やら顔やら舐めさせて平気なんだから、目くそ鼻くそだ。
 

 見た目からじゃ想像できないようなネタも多い。

アライグマは水で食べ物をあらったりしないとか。
トラは狩りが下手くそで成功率が10%くらいしかないとか。
ピューマはさすが足が早いだけに狩りの成功率は60~70%らしいが、非力なので、狩った獲物をハイエナに横取りされちゃうとか。
ワニは噛む力はものすごいが口を開く力は弱い。おじいちゃんの握力(30kgくらい)で口を押えられるだけもう開けられないだとか。
ひょこひょこと首を振って、おびえたような行動が可愛いミーアキャットの好物はサソリだとか。

 なんか喜んで書いてしまった。かつての小学生男子の記憶が甦ってしまったのかもしれない。 
+5あり! +3あり! +1あり!
【 読了日: 】
book_report_footer

ブクレポの輪

ブクレポの輪とは?

このブクレポへコメント

 クロニスタさんのブクレポ

浦上の友に向けたメッセージ
長崎の鐘
5
あり!:45     コメント:0
ふーん
ゾウの時間ネズミの時間 サイズの生物学
4
あり!:50     コメント:0
なるほどね
スター・ウォーズ論
3
あり!:30     コメント:0
ほらを吹くのも才能だ!
ほらふき男爵の冒険
5
あり!:28     コメント:0

 この書籍のブクレポ

ブクレポはまだありません。

この書籍のブクレポを書いてみましょう!