ブクレポ
ブクレポってどんなサイト?
login_header
新規登録(無料)
login_header
ようこそゲストさん 
  • ログイン
  • ブクレポとは?
  • ヘルプ
  • ホーム
  • 本をさがす
  • ブクレポをさがす
  • ユーザをさがす
IKUNOさん 
10 あり!
あり!
このブクレポを評価しよう!あり!とは?
+5あり! +5あり!を取り消す +5あり! +3あり! +3あり!を取り消す +3あり! +1あり! +1あり!を取り消す +1あり!
このブクレポにあり!した人
失われ、そして得る物語 » « 雪沼を舞台とした短編集
book_report_header

書誌データ

新書・文庫
筑摩書房
1995年 07月 発売
406P
9784480029225

長編「青年」を読んでみてください

4

『森鴎外全集2』(森鴎外) <ちくま文庫> 読了です。

小品ですが、「電車の窓」「里芋の芽と不動の目」「桟橋」「花子」「あそび」「身上話」のような作品が私には好みです。

文壇を攻撃する「杯」「ル・パルナス・アンビュラン」等の作品は、ちょっとあからさま過ぎて、なかなかうけがうことが難しいように感じました。こういうのを読むと、森鴎外は頑固で激しい人だったんだな、と思ってしまいます。

長編「青年」が収録されています。
これはなかなかの傑作で、とても面白く読むことができました。
森鴎外といえば「舞姫」だとか「山椒大夫」だとか「高瀬舟」だとかがすぐ出てきますが、「青年」も代表作と言っていいのではないでしょうか。

解説では「必ずしも評判がよいとはいえない作品」と書かれていますが、私には、「もし森鴎外が「青年」しか残さなかったとしても、文学史上に名を遺すことになったのではないだろうか」とすら思えました。
もし森鴎外の諸作品が好きなでもまだこれを読まれていない方がおられたら、ぜひ一読をおすすめしたいです。

+5あり! +3あり! +1あり!
【 読了日: 】
book_report_footer

ブクレポの輪

ブクレポの輪とは?

このブクレポへコメント

 IKUNOさんのブクレポ

雪沼を舞台とした短編集
雪沼とその周辺
5
あり!:9     コメント:0
中村文則のミステリ
去年の冬、きみと別れ
4
あり!:10     コメント:0

 この書籍のブクレポ

ブクレポはまだありません。

この書籍のブクレポを書いてみましょう!

  森鴎外の書籍のブクレポ

♪人生いろいろ 男もいろいろ
現代語で読む舞姫
3
あり!:49     コメント:0
<ごく簡単な感想> 森鴎外とい…
青年
3
あり!:0     コメント:0
余りにも有名な一冊ながら正直の…
舞姫
3
あり!:0     コメント:0
やはりこれも名作のひとつで読ん…
高瀬舟
3
あり!:0     コメント:0