ブクレポ
ブクレポってどんなサイト?
login_header
新規登録(無料)
login_header
ようこそゲストさん 
  • ログイン
  • ブクレポとは?
  • ヘルプ
  • ホーム
  • 本をさがす
  • ブクレポをさがす
  • ユーザをさがす
sashaさん 
45 あり!
あり!
このブクレポを評価しよう!あり!とは?
+5あり! +5あり!を取り消す +5あり! +3あり! +3あり!を取り消す +3あり! +1あり! +1あり!を取り消す +1あり!
このブクレポにあり!した人
誰にも人間としての尊厳がある » « 法の下でさえ平等ではない
book_report_header

書誌データ

教育・資格検定
太田出版
2016年 03月 発売
491P
9784778315061

内容紹介

東京大空襲、ヴェトナム戦争、イラク侵攻―「悪魔の兵器」と呼ばれ、民間人を大量虐殺してきたナパーム弾の歴史が暴く戦争の本質。

目次

第1部 英雄(ハーバードの天才/匿名研究プロジェクトNo.4/アメリカのカミカゼ―自爆コウモリ計画/われわれは容赦なく戦う/アメリカの世紀)/第2部 兵士(自由のための灼熱地獄/ヴェトナム症候群/百聞は一見に如かず/告発)/第3部 つまはじき(ベイビー・バーナー/炎の審判/第三の議定書/裁きの日/自らの名を語ることさえはばかられる兵器)

悪魔の兵器はすべてを焼き尽くす

3

簡単に製造でき、殺傷能力が高い武器を。第二次世界大戦中に
アメリカで研究・開発が進められ、実戦に投入されたのが本書の
主題であるナパームだ。

手始めは火炎放射器の燃料として。次には焼夷弾に装填され、
東京大空襲をはじめ、日本各地への無差別爆撃で使用された。

親油性のあるナパームは人間の体に付着すると落ちにくく、消火
さえも困難である為に、特に木と紙で出来た当時の日本家屋密集
地帯では途轍もない効果を挙げた。

人も、建物も、瞬時に松明と化す。アメリカ軍が手に入れた「悪魔の
兵器」はその後、朝鮮戦争、ヴェトナム戦争で使用され、敵兵の
戦闘能力を削ぐことを目的に多用された。

使用は敵の軍事施設などに限っている。アメリカ政府の発表の嘘
はヴェトナム戦争で暴かれる。

泣きながら裸で逃げるヴェトナムの少女。あまりに有名なナパーム
弾に焼かれたこの少女をはじめ、民間人のみならず、誤爆により
アメリカ軍内にも犠牲者が出ていることをメディアが取り上げると
アメリカ国内ではヴェトナム反戦運動と相まって、反ナパーム運動
が盛り上がった。

骨にまで達する火傷。遺体は真っ黒に炭化し、例え命は助かった
としてもその後の治療には想像を絶する痛みが伴う。本書で描か
れている東京大空襲やヴェトナム戦争での無差別爆撃の様子は
読んでいるだけでも、嫌悪感を催す。確かに「悪魔の兵器」だ。

ヴェトナム戦で使用された枯葉剤のひとつである「エージェント・
オレンジ」の製造会社ダウ・ケミカルがナパームも製造していた
ことを本書では初めて知った。「サランラップ」を製造している
会社でもあるのだが、「サランラップ」も元々は軍用の防水シート
として開発されたんだよね。

現在は「非人道的である」と使用が禁止されているナパームだが、
武器に人道的も非人道的もないと思うんだ。戦争自体が非人道的
な行いなのだから。

ただ、悲しいかな。人類の歴史は戦争の歴史でもある。ドローン
だって物を運ぶんだり、空撮にはとても便利だけれど、パイロット
不要の無人殺人機にもなる。

効果が大きければどうしても使用したくなるのが軍隊であり、人間
なのだろう。国際的な兵器の使用禁止条約だけではなく、戦争の
ない世界を実現させなければいけないんだなとつくづく思う。

それが一番の難題ではあるのだけれどね。

本書はナパームの開発から実戦でどのように使用され、国際的な
使用禁止兵器になったかを詳細に描いているのだが少々中だるみ
するのと、日本向けだろうと思われる副題が余計なのが残念。


+5あり! +3あり! +1あり!
【 読了日: 】
タグ
book_report_footer

ブクレポの輪

ブクレポの輪とは?

このブクレポへコメント

 この書籍のブクレポ

ブクレポはまだありません。

この書籍のブクレポを書いてみましょう!

  ロバートMニーアの書籍のブクレポ

ブクレポはまだありません。

ロバートMニーアの書籍一覧へ