ブクレポ
ブクレポってどんなサイト?
login_header
新規登録(無料)
login_header
ようこそゲストさん 
  • ログイン
  • ブクレポとは?
  • ヘルプ
  • ホーム
  • 本をさがす
  • ブクレポをさがす
  • ユーザをさがす
まーちさん 
35 あり!
あり!
このブクレポを評価しよう!あり!とは?
+5あり! +5あり!を取り消す +5あり! +3あり! +3あり!を取り消す +3あり! +1あり! +1あり!を取り消す +1あり!
このブクレポにあり!した人
「白い巨塔」ではなく、「面白い巨塔」 » « 樹木にまつわるプチミステリ
book_report_header

書誌データ

小説・エッセイ
宝島社
2017年 06月 発売
238P
9784800272799

内容紹介

人気作家競演!“父”にまつわる5つの謎。語られなかった父たちの秘めた想いが溢れだす。笑って、泣いて、驚いて...あなたの心を動かす、5つの物語。

“父”にまつわる5つの謎!

4

この作品は、5人の作家による、“父”にまつわる5つの謎を集めた、書き下ろしのアンソロジーである。
さてさて、どんな「謎」なのか・・・?

『進水の日』(岡崎琢磨)  海運会社に勤務し、船乗りだった父親が、地上勤務になったため、引っ越すことになる。小学4年生の航輝は、軽い気持ちで言ったことが原因で、親友の和斗と絶交状態になってしまったのだが、その和斗が、航輝一家が引っ越す前日、航輝の家の車にいたずらをしたのである。和斗は、なぜ、そんなことをしたのか・・・?
──和斗のいたずらの謎とともに、父親が地上勤務を希望した理由も明らかになる。

『神様のペテン師』(里見蘭)  元詐欺師の夏目のアパートに、小春という美少女が訪れる。彼女は夏目の娘だと言うのだ。身に覚えのある夏目が、小春の話を聞くと、彼女と母親は、児童養護施設が併設された修道院で生活していたのだが、母親は亡くなったと言う。そして、その修道院が、立ち退きを迫られていると言うのだ。なんとかしてほしいと頼まれた夏目は、昔の“仲間”とともに、娘のピンチを救うために“仕事”をすることに・・・

『家に帰ったら』(友清哲)  家に帰ったら、妻に離婚を切り出そうと決意した、夫の蔵人(くらひと)。夫が帰ったら、離婚を切り出そうと決意した、妻の香春(こはる)。しかし、お互いに、なかなか言い出すことができず・・・
──この話、途中から、違和感をおぼえるのだが、実は、この夫婦の結婚そのものに、秘密が隠されていたのである。さらに、この話のどこが「父」なのかなぁと思ったのだが、その答えは、ラストで明らかになる。

『美女とお父さんと私』(小路幸也)  大学教授である父親と同じ大学に通う娘。ところが、その父親に、セクハラ疑惑が浮上し・・・

『バイシクル』(冲方丁)  離婚して、妻と暮らしている息子の、自転車に乗る練習に付き合うことになった父親。やっと乗れるようになった息子を、元妻は、自転車大会に出したいと言い出す。父親の努力により、息子は、ゲストである、若手政治家と併走する子どもに選ばれたのだが・・・
──この話、父と息子の奮闘記かと思い、どこが「謎」なのかと思いながら読んだのだが、予想もしなかった結末が待ち受けていた。

いや~、「父」の話といっても、本当にいろいろである。
それは、職業に限らない。
さまざまな「父」の謎を楽しめるアンソロジーだったが、「I Love Mother」は、発売されないのだろうか。


+5あり! +3あり! +1あり!
【 読了日: 】
メモ
☆4個は、ちょっとおまけ。
book_report_footer

ブクレポの輪

ブクレポの輪とは?

このブクレポへコメント

 この書籍のブクレポ

ブクレポはまだありません。

この書籍のブクレポを書いてみましょう!

  友清哲の書籍のブクレポ

ブクレポはまだありません。

友清哲の書籍一覧へ