ブクレポ
ブクレポってどんなサイト?
login_header
新規登録(無料)
login_header
ようこそゲストさん 
  • ログイン
  • ブクレポとは?
  • ヘルプ
  • ホーム
  • 本をさがす
  • ブクレポをさがす
  • ユーザをさがす
sashaさん 
30 あり!
あり!
このブクレポを評価しよう!あり!とは?
+5あり! +5あり!を取り消す +5あり! +3あり! +3あり!を取り消す +3あり! +1あり! +1あり!を取り消す +1あり!
このブクレポにあり!した人
すべて私の感性が鈍いからです » « トニーは大英帝国復活を夢見た
book_report_header

書誌データ

教育・資格検定
イースト・プレス
2017年 09月 発売
223P
9784781615868

内容紹介

世界で最も影響力のある男は、正体不明で面白い!!北方領土、クリミア情勢、米露冷戦、シリア危機。国際ニュースを理解するには、プーチンを知れ!

目次

プロローグ/プーチン以前/若き日々/政治家への道/プーチン大統領誕生/プーチンの政治/プーチンの戦争/プーチンの国家/北方領土・シリア/エピローグ

蘇ったピョートル大帝か

3

大統領になるまではほぼ無名。しかし、エリツイン大統領の後継指名
を受けてから何から何までボロボロになったロシアを立て直し、
「Forbes」誌の「世界で最も影響力のある人物ランキング」で4年
連続1位となったロシア・プーチン大統領。

私もずっと注目している。だって、元KGBのスパイなのよ、その人
が国のトップになっちゃったのだもの。スパイってだけで無条件で
興味津々なのに、毎年のように公開される「プーチン閣下の夏休み」
というプロパガンダ映像のなんと魅力的なことか。

ええ、やられてますよ、このプロパガンダに。私のパソコンの画像
フォルダには数々のプーチン閣下画像が保存されている。

プーチン関連の作品はお財布が許す限り購入して読んでいるが、
何作読んでも謎が多いんだよね。この人は。

本書は実際にロシアだけではなく、KGB時代の勤務地ドイツ・ドレス
デンなどにも取材に赴き、実際にプーチンを知る人にも話を聞いて
無名のスパイが大統領になって行く段階、その後のプーチンのロシア
を描いているので「プーチン入門書」というところかも。

ただ、この漫画家さんの画風が私には合わなくて絵面よりネームを
追うだけの方が多かったわ。

プーチン閣下を「独裁者」と表現するメディアもあるようだが、独裁者
と言うよりは「皇帝(ツァーリ)」なんじゃないかと思うわ。だって、
エリツィン大統領時代にオリガルヒ(新興財閥)が好き放題やって
自分たちの為だけに国の鐘を吸い上げていたのを手のひら返しして、
「強いロシア」の復活を目指したのだもの。

本書でも書かれているが、それはプーチンが尊敬するピョートル大帝
に重ねて自分を見ているのかもしれない。ピョートル大帝は辺境の国
だったロシアを「帝国」にした人物なのだから。

来年、2018年はロシアの大統領選挙が行われる。今のところ、閣下の
出馬は不明だが既にロシアでは「混戦が予想されるだろう、2位以下が」
なんてアネクドートが囁かれているらしい。

いつまで続くかな?現代に蘇ったピョートル大帝の治世は。
+5あり! +3あり! +1あり!
【 読了日: 】
タグ
book_report_footer

ブクレポの輪

ブクレポの輪とは?

このブクレポへコメント

 この書籍のブクレポ

ブクレポはまだありません。

この書籍のブクレポを書いてみましょう!

  トーエシンメの書籍のブクレポ

ブクレポはまだありません。

トーエシンメの書籍一覧へ