ブクレポ
ブクレポってどんなサイト?
login_header
新規登録(無料)
login_header
ようこそゲストさん 
  • ログイン
  • ブクレポとは?
  • ヘルプ
  • ホーム
  • 本をさがす
  • ブクレポをさがす
  • ユーザをさがす
まーちさん 
43 あり!
あり!
このブクレポを評価しよう!あり!とは?
+5あり! +5あり!を取り消す +5あり! +3あり! +3あり!を取り消す +3あり! +1あり! +1あり!を取り消す +1あり!
このブクレポにあり!した人
やられた方は、忘れない。 » « 「白い巨塔」ではなく、「面白い巨塔」
book_report_header

書誌データ

小説・エッセイ
KADOKAWA
2017年 09月 発売
290P
9784041053904

内容紹介

豊士の教習車には今日もさまざまな人が乗り込む。カレシに飲酒運転をさせまいと教習所に通う佳世。就職先で免許が必要な大学四年の七八。孫娘の幼稚園送迎のため69歳で免許取得を目指すしの。彼ら教習生に対し紳士的に接することを心掛ける豊士。だが、それどころではなかった。17歳の娘が妊娠したというのだ。若い男女の教習生は、ついつい娘とその相手に見えてしまう。加えて現カノジョ・万由とは徐々に疎遠に。元妻・美鈴との再会がそれを加速させる!?どうなる、ロック中年・豊士!!

高校2年の娘が妊娠?!

4

益子豊士(45歳)は、自動車教習所の教官である。
彼は、11年前に離婚し、それ以来、元妻とも娘とも、一度も会っていなかった。
ところが、元妻の美鈴から、突然電話があり、娘の美月(17歳・高校2年生)が妊娠したと言うのである。
話し合いのため、11年ぶりに再会した3人。
そして、美月は、子どもを産みたいと言うのだった。

美月のことで頭がいっぱいの豊士だが、そんなことは関係なく、教習車には、さまざまな教習生たちが乗り込んでくる。
中でも印象的だったのは、69歳のしのさんである。
彼女は、嫁が不妊治療をしているのを知らず、無神経なことを言ってしまったことを後悔していた。
しのさんは、免許をとって、孫を幼稚園に送迎することで、傷つけてしまった嫁の力になりたいと思ったのである。
そんなしのさんに、豊士は、あることを告げたのだった。
それは、とても勇気が必要なことだったと思う。

さらに、豊士自身や美鈴、そして、周りの人たちも、それぞれ、家族や恋人に関する問題や秘密を抱えていた。

教官という立場もあり、交通ルールはきっちり守り、休みの前日以外は、決して酒を飲まないという、生真面目な豊士。
入社式が迫っているのに、卒業検定でミスを犯し、免許を取得できない大学4年生に泣きつかれても、不正は許さない。
そんな豊士だが、娘に対しては、本当に不器用な父親であるというギャップがほほえましい。

ロックを愛する中年教官をめぐる、心温まる物語だったが、欲を言えば、豊士の私生活(娘の妊娠問題も含む)と仕事に、重なり合うような部分があれば、もっと面白くなったのではないかと思った。
そして、各章のタイトルになっている曲を知っていれば、さらに楽しめたのではないかと思う。
+5あり! +3あり! +1あり!
【 読了日: 】
タグ
book_report_footer

ブクレポの輪

ブクレポの輪とは?

このブクレポへコメント

 この書籍のブクレポ

ブクレポはまだありません。

この書籍のブクレポを書いてみましょう!

  小野寺史宜の書籍のブクレポ

「縁」もいろいろ
太郎とさくら
3
あり!:45     コメント:0
運命を変えたバーベキュー
その愛の程度
3
あり!:50     コメント:0
好きだから上手いとはかぎらなくて……
ホケツ!
4
あり!:30     コメント:0