ブクレポ
ブクレポってどんなサイト?
login_header
新規登録(無料)
login_header
ようこそゲストさん 
  • ログイン
  • ブクレポとは?
  • ヘルプ
  • ホーム
  • 本をさがす
  • ブクレポをさがす
  • ユーザをさがす
こたろうさん 
43 あり!
あり!
このブクレポを評価しよう!あり!とは?
+5あり! +5あり!を取り消す +5あり! +3あり! +3あり!を取り消す +3あり! +1あり! +1あり!を取り消す +1あり!
このブクレポにあり!した人
ゆかいな「本」ばかり集めた絵本です » « 佐伯さんの第一作品集
book_report_header

書誌データ

小説・エッセイ
新泉社
2017年 09月 発売
273P
9784787717092

内容紹介

忘れてしまうべきか。赦せばよいのか。どのようにして人生をやり直せばよいのか。音楽の才能があると言われ、わたしはピアノを弾く家畜になり、父はわたしを拷問し続けた。周りの人たちは目を背けた―。お稽古地獄という虐待を生き延びた少女の告白。フランスで大反響を巻き起こし映画化も決定したベストセラー。

目次

二歳半、最初の音符/「お父さん、あなたの娘さんは才能がありますね」/寡黙になる/恵まれなかった両親の子ども時代/フランスに戻る、ほのかな希望/最初のコンクールと地獄への転落/密かな楽しみ/おまじない/地獄の週末/初の国際コンクール〔ほか〕

虐待する父

4

二歳半で手にしたピアノ、それが虐待のきっかけになるとは、誰もおもわなかったでしょう。

フランス中南部、オーヴェルニュで生まれ育った作者セリーヌは未熟児で生まれてきた、足に障害をもつ妹マリーとふたり、仕事にも教育にも熱心な父のもとで育ちます。

父は大きな工場の長として責任のある立場にいて、人望もあります。

が、家で娘のピアノのレッスンをするときは、虐待をつづける父親に変わったのだそうです。

ミスタッチをしたり、上手く引けないと、彼女は父からお仕置きを受けるのでした。

お尻を下着まで脱いで露わにし、机に手をおいて父が手にしたベルトで打たれる日々。

それは密室で行われ、母親も妹も耳をふさぐ秘密の虐待でした。


専門のピアノ講師のレッスンを受けていても、父は娘のミスを数え、帰宅後鍵をかけたプレイルームでベルトによる打擲は行われたそうです。

度重なる虐待に心身を病んだ彼女は深刻な拒食症となり、それでも虐待されているとは言えず、レッスンを重ねます。

才能もあったようです。八歳で挑んだはじめてのピアノコンクールで最年少で優勝するなど優秀な成績を残しています。

けれど、それはさらなる虐待を招くきっかけになるばかりでした。

それがはじめて暴かれたのは十四歳の時、学校の保健のマリオン先生に体中に残る傷跡や青あざを見せて初めて問題視されます。


その後、父のもとを去り、秘密裏に施設のうつされたセリーヌでしたが、その施設がお粗末な施設で落ちこぼれの問題児ばかりを集めた施設で、かえってセリーヌは貧しく粗末な生活を強いられます。

そして父との対決の日がやってきます。

父親は自分のしたことを、正しい教育だと主張し、躾としてぶったりしただけでセリーヌが少しの事で痣になりやすい体質なのだと、自身の行為を正当化します。

社会的に認められ、対人的には優れた立派な人だと認められている父親のいう事に耳を傾ける人が多い中、少数の人々がセリーヌの言葉に真実を見出します。


拒食症と戦い、施設から通い勉学にいそしみ、医師の資格をとったセリーヌ。

父親が厳格な祖父から厳しいやはり虐待といってもいい躾を受けて育ったことが明らかにされていますが、負の連鎖を断ち切るようにセリーヌは父親から離れ生きる希望と目標を見つけます。


その後、ピアノも病院で時折患者さんの前で弾くようになったそうです。

音楽とも和解し、癌患者を救いたいと生きるセリーヌはフランスの児童保護に関する国家審議会のメンバーに任命され活動を続てけているそうです。


これは実際にあったことだと、何度も言い聞かせて読みました。

そうでないと、フィクションとしては単調な白黒がはっきりとし過ぎていて物語としては「面白くない」からです。

それほど本書に語られる父親の虐待はすさまじいものでした。

それを正しい教育と自身にも他人にも、言い聞かせ信じ込んでしまう心理を恐ろしいと感じます。


躾や教育という名で行われる体罰は、なくなりません。

犬や猫だって、叩かれると卑屈におびえるようになるだけで、躾にはならないというのに、幼い子供に手を挙げる大人をおろかに思います。

そして過去の自分自身をそういう目で振り返り、反省しています。本書の父親ほどではなかったにしても、体罰をどこかで容認していた気持があったからです。

そんな躾を受けた年代だからでしょうか。

+5あり! +3あり! +1あり!
【 読了日: 】
book_report_footer

ブクレポの輪

ブクレポの輪とは?

このブクレポへコメント

 こたろうさんのブクレポ

佐伯さんの第一作品集
雛の棲家
3
あり!:33     コメント:0
長い題名です。
彼女について知ることのすべて
4
あり!:30     コメント:0
どこまで本当なのか……
放蕩記
3
あり!:25     コメント:0
年代別に集められた「老い」について
老い力
4
あり!:35     コメント:0

 この書籍のブクレポ

ブクレポはまだありません。

この書籍のブクレポを書いてみましょう!

  セリーヌラファエルの書籍のブクレポ

ブクレポはまだありません。

セリーヌラファエルの書籍一覧へ