ブクレポ
ブクレポってどんなサイト?
login_header
新規登録(無料)
login_header
ようこそゲストさん 
  • ログイン
  • ブクレポとは?
  • ヘルプ
  • ホーム
  • 本をさがす
  • ブクレポをさがす
  • ユーザをさがす
hi2515さん 
10 あり!
あり!
このブクレポを評価しよう!あり!とは?
+5あり! +5あり!を取り消す +5あり! +3あり! +3あり!を取り消す +3あり! +1あり! +1あり!を取り消す +1あり!
このブクレポにあり!した人
図書館では人気の一冊らしいです… » « バリバリのキャリアウーマン“ラ…
book_report_header

書誌データ

新書・文庫
新潮社
2009年 10月 発売
462P
9784101133188

内容紹介

東京裁判で絞首刑を宣告された七人のA級戦犯のうち、ただ一人の文官であった元総理、外相広田弘毅。戦争防止に努めながら、その努力に水をさし続けた軍人たちと共に処刑されるという運命に直面させられた広田。そしてそれを従容として受け入れ一切の弁解をしなかった広田の生涯を、激動の昭和史と重ねながら抑制した筆致で克明にたどる。毎日出版文化賞・吉川英治文学賞受賞。

著者紹介

城山 三郎:1927‐2007。名古屋生れ。海軍特別幹部練習生として終戦を迎えた。一橋大卒業後、愛知学芸大に奉職、景気論等を担当。1957(昭和32)年、『輸出』により文学界新人賞、翌年『総会屋錦城』で直木賞を受け、経済小説の開拓者となる。吉川英治文学賞、毎日出版文化賞受賞の『落日燃ゆ』等、多彩な作品群は幅広い読者を持つ。2002(平成14)年、経済小説の分野を確立した業績で朝日賞を受賞(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

城山三郎さんの本はこの作品が初…

5

城山三郎さんの本はこの作品が初めてでした。手にとって初めての読んだ作品は衝撃でした。ここから彼のファンになるのですが・・・
東京裁判は皆さんご存知でしょうか?第二次世界大戦終了後戦勝国が戦争犯罪人として指定した日本の指導者等を裁いた一審制の裁判で、ドイツの戦犯を裁いたものと違い国際法に基づいておらず批判のある裁判でもありますが・・・
この小説はその東京裁判で文官人としてただ一人絞首刑に処された広田弘毅の生涯を追った物語です。お恥ずかしい事ですが、私はこの本で初めて「広田弘毅」という人物を知りました。この時代の政治家や軍人はそれぞれに大変個性も強く、独裁的ですらある中で彼は寡黙で自分の信念を貫く方でありました。それが、大使、外相を務め、2.26事件直後に首相になり、渦中にあった自分への責任回避を決して許さなかったのでしょう。彼は裁判に裁かれましたが、そうすることが彼の責任を取ると言う武士の切腹の様な潔さであったように思われます。今の日本は政治家も二枚舌で党利党略ばかりを考えているのとは違い政治家の姿勢を教えられた気もいたします。鳩山さんに読んでほしいわよね(笑)まあ、冗談はさておき、この小説では家庭人としても彼の素顔も実に丁寧に追っており、家族思いで細かな気配りを忘れない人であった事も小説を益々光らせ、その妻が裁判中に自害し彼の心残りを無くそうと言う気遣う妻と家族の結束は涙があふれて止まりませんでした。素敵な忘れ難い一冊です。
+5あり! +3あり! +1あり!
この書籍の他のブクレポ
book_report_footer

ブクレポの輪

ブクレポの輪とは?

このブクレポへコメント

 この書籍のブクレポ

広田という人物がとった行動/判…
Chocoさん
5
あり!:0     コメント:0