ブクレポ
ブクレポってどんなサイト?
login_header
新規登録(無料)
login_header
ようこそゲストさん 
  • ログイン
  • ブクレポとは?
  • ヘルプ
  • ホーム
  • 本をさがす
  • ブクレポをさがす
  • ユーザをさがす
ヨチズさん 
6 あり!
あり!
このブクレポを評価しよう!あり!とは?
+5あり! +5あり!を取り消す +5あり! +3あり! +3あり!を取り消す +3あり! +1あり! +1あり!を取り消す +1あり!
このブクレポにあり!した人
ただの文章なのに、どうしてこん… » « 殺人は悪いことだけど、かばって…
book_report_header

書誌データ

ビジネス
大和書房
2006年 11月 発売
268P
9784479791775

著者紹介

金森 重樹:1970年生まれ。東大法学部卒。ビジネスプロデューサー。投資顧問業・有限会社金森実業代表。物件情報の提供から、融資付け、賃貸募集の支援まで行う会員組織「通販大家さん」を運営し、会員が億単位の資産形成をするのをサポート。読者数18万人のメールマガジン、「回天の力学」の発行者として、マーケティング業界でも著名(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

目次

第1部 「箱」という名の自己欺瞞の世界(「君には問題がある」/自分だけが気づいていないこと/何も見えない状態に陥るとき ほか)/第2部 人はどのようにして箱に入るか(箱に入っているのは、あなた一人じゃない/箱の中に押し戻されてしまうとき/あなたを箱の中に追い込む「自分への裏切り」 ほか)/第3部 箱からどのようにして出るか(「素直な自分」を引き出す/「どうすれば箱の中から出られるか」/人として、相手と接する ほか)

人間関係を勉強する上で、まさに…

4

人間関係を勉強する上で、まさに「基礎」と呼ぶにふさわしい一冊です。あらゆる人間関係の根源がここに書かれている「箱」なのではないでしょうか?自分の周りの出来事はみんな自分が引き起こしてる!?
+5あり! +3あり! +1あり!
この書籍の他のブクレポ
book_report_footer

ブクレポの輪

ブクレポの輪とは?

このブクレポへコメント

 この書籍のブクレポ

イライラする人へ
Kikuno Tanakaさん
5
あり!:5     コメント:0
人間関係において、人はみんな自…
tozeさん
5
あり!:0     コメント:0

  アービンジャーインスティチュートの書籍のブクレポ