ブクレポ
ブクレポってどんなサイト?
login_header
新規登録(無料)
login_header
ようこそゲストさん 
  • ログイン
  • ブクレポとは?
  • ヘルプ
  • ホーム
  • 本をさがす
  • ブクレポをさがす
  • ユーザをさがす
ヨチズさん 
0 あり!
あり!
このブクレポを評価しよう!あり!とは?
+5あり! +5あり!を取り消す +5あり! +3あり! +3あり!を取り消す +3あり! +1あり! +1あり!を取り消す +1あり!
このブクレポにあり!した人
女子向けかな?見ているだけで楽… » « 人間関係を勉強する上で、まさに…
book_report_header

書誌データ

新書・文庫
幻冬舎
2002年 04月 発売
262P
9784344402140

内容紹介

視力をなくし、独り静かに暮らすミチル。職場の人間関係に悩むアキヒロ。駅のホームで起きた殺人事件が、寂しい二人を引き合わせた。犯人として追われるアキヒロは、ミチルの家へ逃げ込み、居間の隅にうずくまる。他人の気配に怯えるミチルは、身を守るため、知らない振りをしようと決める。奇妙な同棲生活が始まった―。書き下ろし小説。

著者紹介

乙一:1978年福岡県生まれ。一七歳の時「夏と花火と私の死体」で第六回ジャンプ小説・ノンフィクション大賞を受賞し、衝撃のデビュー。日本ホラー小説界の将来を担う書き手として、注目を集めている

ただの文章なのに、どうしてこん…

5

ただの文章なのに、どうしてこんなに臨場感があるんだろう。目の見えない独り暮らしの女性と謎の人物との二人暮らし。ホラーの中に小さく温かい愛を感じます。
+5あり! +3あり! +1あり!
この書籍の他のブクレポ
book_report_footer

ブクレポの輪

ブクレポの輪とは?

このブクレポへコメント

 この書籍のブクレポ

目が見えない女性の家に逃亡中の…
こたろうさん
3
あり!:8     コメント:0
この話はやばいです。 どきどき…
眼球女さん
5
あり!:0     コメント:0
目の見えないということがうまく…
sionさん
4
あり!:0     コメント:0
読み進めるうちに、思わぬ展開^…
kk3961さん
4
あり!:0     コメント:0