ブクレポ
ブクレポってどんなサイト?
login_header
新規登録(無料)
login_header
ようこそゲストさん 
  • ログイン
  • ブクレポとは?
  • ヘルプ
  • ホーム
  • 本をさがす
  • ブクレポをさがす
  • ユーザをさがす
ヨチズさん 
0 あり!
あり!
このブクレポを評価しよう!あり!とは?
+5あり! +5あり!を取り消す +5あり! +3あり! +3あり!を取り消す +3あり! +1あり! +1あり!を取り消す +1あり!
このブクレポにあり!した人
童話のような話の流れが新鮮です… » « 女子向けかな?見ているだけで楽…
book_report_header

書誌データ

新書・文庫
新潮社
2005年 12月 発売
291P
9784101215235

内容紹介

「ぼくの記憶は80分しかもたない」博士の背広の袖には、そう書かれた古びたメモが留められていた―記憶力を失った博士にとって、私は常に“新しい”家政婦。博士は“初対面”の私に、靴のサイズや誕生日を尋ねた。数字が博士の言葉だった。やがて私の10歳の息子が加わり、ぎこちない日々は驚きと歓びに満ちたものに変わった。あまりに悲しく暖かい、奇跡の愛の物語。第1回本屋大賞受賞。

著者紹介

小川 洋子:1962(昭和37)年、岡山県生れ。早稲田大学第一文学部卒。’88年「揚羽蝶が壊れる時」で海燕新人文学賞を受賞。’91(平成3)年「妊娠カレンダー」で芥川賞受賞。2004年「博士の愛した数式」で読売文学賞、本屋大賞を受賞(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

記憶が一日でなくなってしまう数…

4

記憶が一日でなくなってしまう数学博士とお手伝いと、その子供が織りなす心温まる話。
数式を使って人と人がつながった。
+5あり! +3あり! +1あり!
この書籍の他のブクレポ
book_report_footer

ブクレポの輪

ブクレポの輪とは?

このブクレポへコメント

 この書籍のブクレポ

静かで、美しい
マーブルさん
5
あり!:40     コメント:0
完全数。
きくちゃんさん
4
あり!:8     コメント:0
神様がくれた言葉
3kiさん
5
あり!:118     コメント:14
世界は数式に満ちている
クロニスタさん
5
あり!:35     コメント:3
この「博士の愛した数式」は、「…
トグサさん
4
あり!:13     コメント:0