ブクレポ
ブクレポってどんなサイト?
login_header
新規登録(無料)
login_header
ようこそゲストさん 
  • ログイン
  • ブクレポとは?
  • ヘルプ
  • ホーム
  • 本をさがす
  • ブクレポをさがす
  • ユーザをさがす
ヨチズさん 
8 あり!
あり!
このブクレポを評価しよう!あり!とは?
+5あり! +5あり!を取り消す +5あり! +3あり! +3あり!を取り消す +3あり! +1あり! +1あり!を取り消す +1あり!
このブクレポにあり!した人
いくつかの短編からなる小説。 … » « 上巻を読んで期待した所為か、あ…
book_report_header

書誌データ

新書・文庫
角川書店
2000年 12月 発売
526P
9784041979051

内容紹介

北島早苗は、ホスピスで終末期医療に携わる精神科医。恋人で作家の高梨は、病的な死恐怖症だったが、新聞社主催のアマゾン調査隊に参加してからは、人格が異様な変容を見せ、あれほど怖れていた『死』に魅せられたように、自殺してしまう。さらに、調査隊の他のメンバーも、次々と異常な方法で自殺を遂げていることがわかる。アマゾンで、いったい何が起きたのか?高梨が死の直前に残した「天使の囀りが聞こえる」という言葉は、何を意味するのか?前人未到の恐怖が、あなたを襲う。

謎の線虫に侵される人間たち。 …

5

謎の線虫に侵される人間たち。
そんな敵にどうやって勝つの!?
線虫とのたたかいに主人公がとった行動とは!?
意外な結末にある種の感動も。
+5あり! +3あり! +1あり!
この書籍の他のブクレポ
book_report_footer

ブクレポの輪

ブクレポの輪とは?

このブクレポへコメント

 この書籍のブクレポ

途中まではいいんだけど・・・・
チコットさん
4
あり!:22     コメント:0
恐怖と闘え!
きんぎょさん
4
あり!:6     コメント:0
おぞましいの一言に尽きる
つくしぃさん
5
あり!:8     コメント:0
この著作はどんな点がよいと考え…
リリさん
5
あり!:8     コメント:0

  貴志祐介の書籍のブクレポ

なにがあった?貴志祐介
雀蜂
2
あり!:38     コメント:0
「オオスズメバチ」!!!
雀蜂
2
あり!:52     コメント:0
長い
雀蜂
2
あり!:1     コメント:0