ブクレポ
ブクレポってどんなサイト?
login_header
新規登録(無料)
login_header
ようこそゲストさん 
  • ログイン
  • ブクレポとは?
  • ヘルプ
  • ホーム
  • 本をさがす
  • ブクレポをさがす
  • ユーザをさがす
ヨチズさん 
0 あり!
あり!
このブクレポを評価しよう!あり!とは?
+5あり! +5あり!を取り消す +5あり! +3あり! +3あり!を取り消す +3あり! +1あり! +1あり!を取り消す +1あり!
このブクレポにあり!した人
話としての意図はわかるが、メカ… » « 記憶が一日でなくなってしまう数…
book_report_header

書誌データ

新書・文庫
角川書店
2008年 05月 発売
218P
9784043892013

内容紹介

妖怪たちが様々な品物を売る不思議な市場「夜市」。ここでは望むものが何でも手に入る。小学生の時に夜市に迷い込んだ裕司は、自分の弟と引き換えに「野球の才能」を買った。野球部のヒーローとして成長した裕司だったが、弟を売ったことに罪悪感を抱き続けてきた。そして今夜、弟を買い戻すため、裕司は再び夜市を訪れた―。奇跡的な美しさに満ちた感動のエンディング!魂を揺さぶる、日本ホラー小説大賞受賞作。

著者紹介

恒川 光太郎:1973年東京生まれ。大学卒業後、様々な職業を経て、現在沖縄県在住。2005年、「夜市」で第12回日本ホラー小説大賞を受賞。初の作品集『夜市』は、デビュー作にして第134回直木賞の候補作となった(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

童話のような話の流れが新鮮です…

3

童話のような話の流れが新鮮です。ホラーというよりも、「童話」というジャンルの方が合っているような・・・。
+5あり! +3あり! +1あり!
この書籍の他のブクレポ
book_report_footer

ブクレポの輪

ブクレポの輪とは?

このブクレポへコメント

 この書籍のブクレポ

ホラー?っぽくはなかったかな?
sunさん
3
あり!:6     コメント:0
妖怪の「夜市」そこでは…
アーミーさん
3
あり!:56     コメント:0
 登場人物たちが奇妙というか奇…
クロニスタさん
4
あり!:0     コメント:0
第12回日本ホラー小説大賞受賞…
みやびさん
4
あり!:15     コメント:0
異世界、迷い込む、懐かしさを望…
リリさん
4
あり!:0     コメント:0