ブクレポ
ブクレポってどんなサイト?
login_header
新規登録(無料)
login_header
ようこそゲストさん 
  • ログイン
  • ブクレポとは?
  • ヘルプ
  • ホーム
  • 本をさがす
  • ブクレポをさがす
  • ユーザをさがす
ヨチズさん 
0 あり!
あり!
このブクレポを評価しよう!あり!とは?
+5あり! +5あり!を取り消す +5あり! +3あり! +3あり!を取り消す +3あり! +1あり! +1あり!を取り消す +1あり!
このブクレポにあり!した人
う~ん。乙一最初の頃の作品。好… » « 子どもの成長を描いたお話。 だ…
book_report_header

書誌データ

新書・文庫
集英社
2004年 05月 発売
344P
9784087476958

内容紹介

突然の事故で記憶と左眼を失ってしまった女子高生の「私」。臓器移植手術で死者の眼球の提供を受けたのだが、やがてその左眼は様々な映像を脳裏に再生し始める。それは、眼が見てきた風景の「記憶」だった...。私は、その眼球の記憶に導かれて、提供者が生前に住んでいた町をめざして旅に出る。悪夢のような事件が待ちかまえていることも知らずに...。乙一の長編ホラー小説がついに文庫化。

著者紹介

乙一:’78年福岡生まれ。17歳の時、「夏と花火と私の死体」で第6回ジャンプ小説・ノンフィクション大賞を受賞し、デビュー。ファンタジー・ホラー小説界の若き俊英として活躍中

かなり突飛な設定で、ついていく…

3

かなり突飛な設定で、ついていくのにちょっと時間がかかった。突飛だけどぶれない設定が安心して読める上に、面白かったです。
+5あり! +3あり! +1あり!
この書籍の他のブクレポ
book_report_footer

ブクレポの輪

ブクレポの輪とは?

このブクレポへコメント

 この書籍のブクレポ

怖いですが、 それに勝る面白さ…
ღhanaღさん
4
あり!:0     コメント:0
怖い、グロい。感想はもうそれに…
チコットさん
3
あり!:0     コメント:0
乙一氏の小説を読むのははじめて…
たけとさん
5
あり!:3     コメント:0
短編がすべてあつまった長編のよ…
眼球女さん
5
あり!:0     コメント:0
両目のない少女と鴉の、不気味で…
りえこさん
4
あり!:0     コメント:0