ブクレポ
ブクレポってどんなサイト?
login_header
新規登録(無料)
login_header
ようこそゲストさん 
  • ログイン
  • ブクレポとは?
  • ヘルプ
  • ホーム
  • 本をさがす
  • ブクレポをさがす
  • ユーザをさがす
hi2515さん 
0 あり!
あり!
このブクレポを評価しよう!あり!とは?
+5あり! +5あり!を取り消す +5あり! +3あり! +3あり!を取り消す +3あり! +1あり! +1あり!を取り消す +1あり!
このブクレポにあり!した人
余りにも有名な一冊ながら正直の… » « 三重苦と言う困難をサリバン先生…
book_report_header

書誌データ

新書・文庫
SDP
2008年 11月 発売
124P
9784903620367

内容紹介

高瀬川を下る舟には弟殺しの罪で島流しにされる喜助がいた。護送役の羽田庄兵衛は明るい様子の喜助を不思議に思い、その理由を尋ねる。自殺を図り苦しむ弟の姿を見て手を貸した結果、弟は死んでしまったという真実がそこには隠されていた。安楽死の問題を考えさせる作品として有名。他3作品収録。

著者紹介

森 鴎外:1862‐1922。島根県出身。本名は林太郎。幼少期に東京へ移り東大医学部を卒業後、軍医となる。ドイツへ留学帰国後執筆活動をはじめる。「舞姫」「阿部一族」など堪能な語学を生かしての翻訳作品も多数ある(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

やはりこれも名作のひとつで読ん…

3

やはりこれも名作のひとつで読んでいてもいい本だと思います。どこにでもいるような人間が安楽死と言う場面に立ち会った時にどういう態度を取るだろう?鴎外医者と言う立場でどんな思いでこの作品を書いたのだろう。淡々とした文章だからこそ考えさせられるべき多くの事柄がある気がする。
+5あり! +3あり! +1あり!
book_report_footer

ブクレポの輪

ブクレポの輪とは?

このブクレポへコメント

 hi2515さんのブクレポ

江戸時代の鎖国政策の中で海の遭…
海嶺 上
4
あり!:0     コメント:0
彼の作品には美学と品があります…
あだし野
4
あり!:3     コメント:0
青春時代に感銘を受けた一冊。真…
友情
4
あり!:5     コメント:0

 この書籍のブクレポ

ブクレポはまだありません。

この書籍のブクレポを書いてみましょう!

  森鴎外の書籍のブクレポ

♪人生いろいろ 男もいろいろ
現代語で読む舞姫
3
あり!:49     コメント:0
<ごく簡単な感想> 森鴎外とい…
青年
3
あり!:0     コメント:0
余りにも有名な一冊ながら正直の…
舞姫
3
あり!:0     コメント:0
明治時代のお話だからどこまでそ…
4
あり!:0     コメント:0