ブクレポ
ブクレポってどんなサイト?
login_header
新規登録(無料)
login_header
ようこそゲストさん 
  • ログイン
  • ブクレポとは?
  • ヘルプ
  • ホーム
  • 本をさがす
  • ブクレポをさがす
  • ユーザをさがす
hi2515さん 
0 あり!
あり!
このブクレポを評価しよう!あり!とは?
+5あり! +5あり!を取り消す +5あり! +3あり! +3あり!を取り消す +3あり! +1あり! +1あり!を取り消す +1あり!
このブクレポにあり!した人
新鮮組と言うと“近藤勇”“沖田… » « やはりこれも名作のひとつで読ん…
book_report_header

書誌データ

新書・文庫
SDP
2009年 11月 発売
90P
9784903620527

内容紹介

豊太郎はエリート官吏としてドイツへ留学。自由な環境の中、美しいドイツ女性エリスと出会い恋に落ちる。そのため免職された豊太郎だったが幸せな日々を過ごしていた。ある日、友人の計らいで復職の機会を得た彼は帰国の決心をするが、エリスにどうしても言い出せないでいると...。他「うたかたの記」収録。

余りにも有名な一冊ながら正直の…

3

余りにも有名な一冊ながら正直の処、文体など読み難いと思われる点も多いと思われます。しかし、学生時代に是非読んでおく一冊として薦められるままに読んだ記憶がある。鴎外も確か留学をしていたと思ったけれど自分の経験が何処かに込められているのかもしれない。エリートと身分の高くない女性の異国での悲恋物語で自我に目覚めてゆくのだが、人間の持つエゴや純粋さが痛ましく悲しい。
+5あり! +3あり! +1あり!
book_report_footer

ブクレポの輪

ブクレポの輪とは?

このブクレポへコメント

 hi2515さんのブクレポ

やはりこれも名作のひとつで読ん…
高瀬舟
3
あり!:0     コメント:0
江戸時代の鎖国政策の中で海の遭…
海嶺 上
4
あり!:0     コメント:0
彼の作品には美学と品があります…
あだし野
4
あり!:3     コメント:0

 この書籍のブクレポ

ブクレポはまだありません。

この書籍のブクレポを書いてみましょう!

  森鴎外の書籍のブクレポ

♪人生いろいろ 男もいろいろ
現代語で読む舞姫
3
あり!:49     コメント:0
<ごく簡単な感想> 森鴎外とい…
青年
3
あり!:0     コメント:0
やはりこれも名作のひとつで読ん…
高瀬舟
3
あり!:0     コメント:0
明治時代のお話だからどこまでそ…
4
あり!:0     コメント:0