ブクレポ
ブクレポってどんなサイト?
login_header
新規登録(無料)
login_header
ようこそゲストさん 
  • ログイン
  • ブクレポとは?
  • ヘルプ
  • ホーム
  • 本をさがす
  • ブクレポをさがす
  • ユーザをさがす
しーちゃんさん 
0 あり!
あり!
このブクレポを評価しよう!あり!とは?
+5あり! +5あり!を取り消す +5あり! +3あり! +3あり!を取り消す +3あり! +1あり! +1あり!を取り消す +1あり!
このブクレポにあり!した人
愛なんか自分にはいらないと思っ… »
book_report_header

書誌データ

小説・エッセイ
文藝春秋
2007年 10月 発売
381P
9784163264301

内容紹介

優雅だが、どこかうらぶれた男、一見、おとなしそうな若い女、アパートの押入れから漂う、罪の異臭。家族の愛とはなにか、超えてはならない、人と獣の境はどこにあるのか?この世の裂け目に堕ちた父娘の過去に遡る―。黒い冬の海と親子の禁忌を圧倒的な筆力で描ききった著者の真骨頂。

著者紹介

桜庭 一樹:1999年「夜空に、満天の星」(『AD2015隔離都市ロンリネス・ガーディアン』と改題)で第1回ファミ通えんため大賞に佳作入選。2003年開始のGOSICKシリーズで多くの読者を獲得し、04年に刊行した『推定少女』『砂糖菓子の弾丸は撃ちぬけない』が高く評価されて注目を集める。2006年に刊行した『赤朽葉家の伝説』で第60回日本推理作家協会賞を受賞。今もっとも活躍が期待される新進作家である(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

父の娘の禁断の愛というテーマも…

5

父の娘の禁断の愛というテーマも衝撃だし、文章もすごいうまくて、ぐいぐい引き込まれます。
+5あり! +3あり! +1あり!
この書籍の他のブクレポ
book_report_footer

ブクレポの輪

ブクレポの輪とは?

このブクレポへコメント

 しーちゃんさんのブクレポ

どこか醒めた大学生の主人公が始…
娼年
5
あり!:0     コメント:0
愛なんか自分にはいらないと思っ…
東京DOLL
5
あり!:0     コメント:0

 この書籍のブクレポ

直木賞は伊達じゃない。
きくちゃんさん
5
あり!:15     コメント:0
インモラルな世界へ。
705番目の宇宙さん
4
あり!:38     コメント:0
無理
ゆきさん
1
あり!:20     コメント:0
深い深い。愛ってなんだろう・・・
min11aco18さん
4
あり!:0     コメント:0