ブクレポ
ブクレポってどんなサイト?
login_header
新規登録(無料)
login_header
ようこそゲストさん 
  • ログイン
  • ブクレポとは?
  • ヘルプ
  • ホーム
  • 本をさがす
  • ブクレポをさがす
  • ユーザをさがす
りえこさん 
0 あり!
あり!
このブクレポを評価しよう!あり!とは?
+5あり! +5あり!を取り消す +5あり! +3あり! +3あり!を取り消す +3あり! +1あり! +1あり!を取り消す +1あり!
このブクレポにあり!した人
「○○がこんな話をしていた。彼… » « マンドレイクは順調に出世を続け…
book_report_header

書誌データ

小説・エッセイ
文藝春秋
2005年 09月 発売
354P
9784163242705

内容紹介

鬼が女の頚に、ぞぶりと噛みついていた...。平安の都に次々起きる怪事件。やがてそれらが都を滅ぼす恐ろしい陰謀へと繋がって行く。晴明と博雅が立ち向かう相手とは?シリーズ待望の大長編。

上巻を読み終えても、「瀧夜叉姫…

5

上巻を読み終えても、「瀧夜叉姫」の名が出てこず、たぶんこの女の人のことなんだろうな、で、この滝子という女の子が・・・などと考えていたのですが。

この「瀧夜叉姫」、江戸時代の伝奇物や歌舞伎で登場するそうで。知識のある人なら、タイトルを見た瞬間にこれが誰のことなのか、ということは何を題材にした物語なのかがわかるわけですね。
まあ、知識のある人なら、小野好古・俵藤太・浄蔵・平貞盛・藤原師輔・源経基という名を見たとたんピンと来るのかも。それぞれの逸話も、実際にあるものから取っているようです。
そういえば浄蔵って、このあいだ呼んだ短編集にも出てきてたな。あの恋愛話の逸話も実際にあるものなのでしょうか。

物語は、さかのぼること19年前。晴明が百鬼夜行を目撃するところから始まります。例によって、ぶつりぶつりと啖いついたり、ぞぶりぞぶりと血をすったり、ごつんごつんと骨を噛み切ったり、擬音が非常に独特で生々しい。
このときの晴明は単なる目撃者ですが、それから19年たち、名声も地位もあるひとかどの人物に、奇妙なことが起こり始めます。
彼らの共通点は、19年前、ある討伐に関わったこと。
斬ったら20年は傷口がふさがらぬという銘刀、黄金丸。その20年を目前に、何が起こり始めているのか?
そして児干とは何なのか・・・?
+5あり! +3あり! +1あり!
book_report_footer

ブクレポの輪

ブクレポの輪とは?

このブクレポへコメント

 この書籍のブクレポ

ブクレポはまだありません。

この書籍のブクレポを書いてみましょう!

  夢枕獏の書籍のブクレポ

杯の友
陰陽師 螢火ノ巻
3
あり!:38     コメント:0
この世の不思議
陰陽師 蒼猴ノ巻
4
あり!:26     コメント:0
別伝 講釈 安倍晴明
陰陽師平成講釈安倍晴明伝
4
あり!:40     コメント:0