ブクレポ
ブクレポってどんなサイト?
login_header
新規登録(無料)
login_header
ようこそゲストさん 
  • ログイン
  • ブクレポとは?
  • ヘルプ
  • ホーム
  • 本をさがす
  • ブクレポをさがす
  • ユーザをさがす
0 あり!
あり!
このブクレポを評価しよう!あり!とは?
+5あり! +5あり!を取り消す +5あり! +3あり! +3あり!を取り消す +3あり! +1あり! +1あり!を取り消す +1あり!
このブクレポにあり!した人
ユーディット・ヘルマンは先に「… »
book_report_header

書誌データ

小説・エッセイ
河出書房新社
2004年 02月 発売
383P
9784309621838

内容紹介

本邦初のテリー・ビッスン短篇集。サリンジャー、ピンチョンら有名作家たちが続々と田舎町に引っ越してきた?英国が船みたいに動きはじめた?万能中国人がヘンテコなす牛木で事件を解決?そんなばかな話ってある?屈指の技巧派にして短篇の名手ビッスンが描く物語は、まさに現代の“ほら話”。ヒューゴー賞ほかアメリカ棋界の賞を総なめにして、一躍その名をとどろかせた名作ファンタジー「熊が火を発見する」をはじめ、ショートショート「アンを押してください」、ロマンティック・コメディ「未来からきたふたり組」、盲目の画家が死後の世界で見たものは...「冥界飛行士」、“万能中国人ウィルスン・ウー”3部作「穴のなかの穴」「宇宙のはずれ」「時間どおりに教会へ」など、全9篇を収録。ヒューゴー賞、ネビュラ賞、ローカス賞、デイヴィス読者賞、スタージョン記念賞受賞。

著者紹介

テリー・ビッスン:1942年、米国ケンタッキー州生まれ。アメリカSF界屈指の技巧派で、短編の名手。奇想とユーモアとペーソスに満ちた作品は、まさに現代の“ほら話”。90年、「熊が火を発見する」を発表、ヒューゴー賞、ネビュラ賞、ローカス賞を受賞し、一躍その名を高める

中村 融:1960年生まれ。中央大学法学部卒。翻訳家

読もうかどうしようか迷っていた…

3

読もうかどうしようか迷っていたところに帯。帯には、「ヒューゴ賞、ネビュラ賞、ローカス賞…受賞!」となっている。「そんなばかな話ってある?奇想とユーモアとペーソスに満ちた摩訶不思議な短編集」と。
んな感じです。「熊が火を発見する」は「イー・イー・イー」みたいでシュール。「アンを押してください」は超短い短編だけど、くだらなく可笑しい。思わず吹き出した。私が一番好きなのは「英国航行中」。英国が北アイルランドを置いて船のように大海原を進んで行く話。大好きなBrightonが舞台になっている。くだらないけど笑える。 後半の3作品は繫がってます。また別の話。化学式が絡んできてそれが何を意味しているのか文系の私にはサッパリ?だけど、サッパリ理解できなくても面白かった。 文にキレがあって面白いから○。
+5あり! +3あり! +1あり!
book_report_footer

ブクレポの輪

ブクレポの輪とは?

このブクレポへコメント

 この書籍のブクレポ

ブクレポはまだありません。

この書籍のブクレポを書いてみましょう!

  テリービッスンの書籍のブクレポ

ブクレポはまだありません。

テリービッスンの書籍一覧へ