ブクレポ
ブクレポってどんなサイト?
login_header
新規登録(無料)
login_header
ようこそゲストさん 
  • ログイン
  • ブクレポとは?
  • ヘルプ
  • ホーム
  • 本をさがす
  • ブクレポをさがす
  • ユーザをさがす
をとさん 
0 あり!
あり!
このブクレポを評価しよう!あり!とは?
+5あり! +5あり!を取り消す +5あり! +3あり! +3あり!を取り消す +3あり! +1あり! +1あり!を取り消す +1あり!
このブクレポにあり!した人
最後まで展開の読めない歴史SF… »
book_report_header

書誌データ

新書・文庫
新潮社
2003年 04月 発売
204P
9784106100031

内容紹介

イタズラ小僧と父親、イスラム原理主義者と米国、若者と老人は、なぜ互いに話が通じないのか。そこに「バカの壁」が立ちはだかっているからである。いつの間にか私たちは様々な「壁」に囲まれている。それを知ることで気が楽になる。世界の見方が分かってくる。人生でぶつかる諸問題について、「共同体」「無意識」「身体」「個性」「脳」など、多様な角度から考えるためのヒントを提示する。

著者紹介

養老 孟司:1937(昭和12)年神奈川県鎌倉市生まれ。62年東京大学医学部卒業後、解剖学教室に入る。95年東京大学医学部教授を退官し、現在北里大学教授、東京大学名誉教授。著書に『唯脳論』『人間科学』『からだを読む』など、専門の解剖学、科学哲学から社会時評まで多数

目次

第1章 「バカの壁」とは何か/第2章 脳の中の係数/第3章 「個性を伸ばせ」という欺瞞/第4章 万物流転、情報不変/第5章 無意識・身体・共同体/第6章 バカの脳/第7章 教育の怪しさ/第8章 一元論を超えて

考え方が変わるかも?参考になり…

4

考え方が変わるかも?参考になります。
+5あり! +3あり! +1あり!
この書籍の他のブクレポ
book_report_footer

ブクレポの輪

ブクレポの輪とは?

このブクレポへコメント

 をとさんのブクレポ

最後まで展開の読めない歴史SF…
蒲生邸事件
4
あり!:5     コメント:0

 この書籍のブクレポ

私はバカなので壁しか見えず、そ…
tsubasaさん
2
あり!:6     コメント:2

  養老孟司の書籍のブクレポ

写真がきれいでいい図鑑だと思い…
昆虫
4
あり!:0     コメント:0
 私は養老孟司氏の著作では本書…
身体の文学史
5
あり!:10     コメント:0
 養老氏の本は初めて手にしまし…
死の壁
3
あり!:0     コメント:0