ブクレポ
ブクレポってどんなサイト?
login_header
新規登録(無料)
login_header
ようこそゲストさん 
  • ログイン
  • ブクレポとは?
  • ヘルプ
  • ホーム
  • 本をさがす
  • ブクレポをさがす
  • ユーザをさがす
ふたんさん 
5 あり!
あり!
このブクレポを評価しよう!あり!とは?
+5あり! +5あり!を取り消す +5あり! +3あり! +3あり!を取り消す +3あり! +1あり! +1あり!を取り消す +1あり!
このブクレポにあり!した人
「誘拐事件」を軸に展開してゆく… » « 映画版「アナザヘヴン」と連動す…
book_report_header

書誌データ

新書・文庫
新潮社
2007年 05月 発売
357P
9784101019246

内容紹介

時は幕末、処は江戸。貧乏御家人の別所彦四郎は、文武に秀でながら出世の道をしくじり、夜鳴き蕎麦一杯の小遣いもままならない。ある夜、酔いにまかせて小さな祠に神頼みをしてみると、霊験あらたかにも神様があらわれた。だが、この神様は、神は神でも、なんと貧乏神だった!とことん運に見放されながらも懸命に生きる男の姿は、抱腹絶倒にして、やがては感涙必至。傑作時代長篇。

著者紹介

浅田 次郎:1951(昭和26)年、東京生れ。’95(平成7)年『地下鉄に乗って』で吉川英治文学新人賞、’97年『鉄道員』で直木賞、2000年『壬生義士伝』で柴田錬三郎賞、’07年『お腹召しませ』で司馬遼太郎賞をそれぞれ受賞した(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

妻夫木 聡主演で映画化された、…

0

妻夫木 聡主演で映画化された、浅田次郎著「憑神」。
いいことなし、かいしょなしの主人公が神頼みしたところ、うっかり頼み先を間違えたもんだから、自分を幸せにするどころか、不幸にする神様ばかりが集まってきた。
でも、そんな神様たちのおかげで、主人公の中で何かが変わり始めていく。
自分の力じゃなくて、他人様(いや神様)の力だけで得た幸せなんて、ホントのありがたみなんかわかりゃしない。
どんな状況であれ、結果をどうもってくか、ケジメをつけるかは自分次第。という気がしました。
誰にでも平等なはずの神様も、思わず主人公に情をもってしまったりするとこなんか、浅田次郎ワールドならではの人情深いキャラクター設定で、心が温まります。
あと、粋な蕎麦屋のシーンなんかも、江戸の情緒を感じて私は好きです。
+5あり! +3あり! +1あり!
この書籍の他のブクレポ
book_report_footer

ブクレポの輪

ブクレポの輪とは?

このブクレポへコメント

 この書籍のブクレポ

人には活きるべき道がある。
ねこ太郎さん
3
あり!:49     コメント:0
前半のドタバタ劇からは、あの天…
クロニスタさん
4
あり!:10     コメント:0
貧乏神、疫病神、死神の三人(?…
修子さん
3
あり!:5     コメント:0

  浅田次郎の書籍のブクレポ

二度と生きては戻れぬ故郷
帰郷
4
あり!:50     コメント:0
過酷な運命
獅子吼
3
あり!:60     コメント:0
ごちゃ混ぜミックス感の短編集
獅子吼
3
あり!:50     コメント:0
Youは何しに日本へ?
わが心のジェニファー
3
あり!:50     コメント:0
新境地?
わが心のジェニファー
3
あり!:50     コメント:0