ブクレポ
ブクレポってどんなサイト?
login_header
新規登録(無料)
login_header
ようこそゲストさん 
  • ログイン
  • ブクレポとは?
  • ヘルプ
  • ホーム
  • 本をさがす
  • ブクレポをさがす
  • ユーザをさがす
poseさん 
0 あり!
あり!
このブクレポを評価しよう!あり!とは?
+5あり! +5あり!を取り消す +5あり! +3あり! +3あり!を取り消す +3あり! +1あり! +1あり!を取り消す +1あり!
このブクレポにあり!した人
写真集ですが、著者がカメラマン… » « 若者の高い離職率が問題となって…
book_report_header

書誌データ

ビジネス
日本実業出版社
2003年 03月 発売
222P
9784534035455

内容紹介

松下電器とアップルコンピュータはハイテクメーカーとはいえ、会社誕生から組織運営、事業戦略にいたるまで企業風土がまったく異なる会社である。松下電器はコツコツとひたむきに仕事をする集団であり、コスト管理から就業時間管理まできちんとする組織的行動を重んじる企業である。それらは日本企業の象徴的な特質であり、どこの企業も実態は同じであろう。かたやアップルコンピュータは、創造的な発想とそれを取りまく自由な雰囲気から素晴らしい技術革新を遂し遂げた個人主義的企業であり、アメリカ企業の中でも飛びぬけて異色の企業体質をもつ。いずれにしても、この二つの会社は日米を代表する企業であることは間違いない。本書はこの極端に対照的な二つの企業に実際に勤めた著者が内部から見た、外からでは決して知ることのできない、おもしろく、時に過酷で、そして驚愕の体験を綴ったものである。

著者紹介

竹内 一正:1957年、岡山県津山市生まれ。1981年、徳島大学大学院修了、ノースウエスタン大学Visiting Scholarとして金属疲労を研究。1981年、松下電器産業(株)入社、新製品開発に従事。以降、アップルコンピュータ(株)、日本ゲートウェイ(株)を経てメディアリングTC(株)代表取締役社長等を歴任。現在、ビジネスコンサルタント事務所「オフィス・ケイ」代表。事業立ち上げ、新製品開発、マーケティングの企画、支援を行なう

目次

1 松下電器の新入社員となって(寮生活のおもしろくおかしい実態/研修で歌った松下社歌はいまも忘れない ほか)/2 磁気記録事業部での試練の日々(ふるさと津山市の事業部へ配属/コンパクトフロッピーディスク事業の立上げ ほか)/3 コンピュータ部門への異動(社内公募で異動/大企業病の病状 ほか)/4 アップルコンピュータなる不思議の世界へ(そして私は外資系社員となった/Mac OSライセンス―言うは易く、行なうは難し ほか)

松下とアップルという誰でも知っ…

5

松下とアップルという誰でも知っている二つの会社。その両方で働いた作者の話。会社が違えばここまで違うのかという話が盛りだくさんで、就活・転職活動をする上でも、企業分析の一つの見方として役に立つのではないかと思います。
+5あり! +3あり! +1あり!
book_report_footer

ブクレポの輪

ブクレポの輪とは?

このブクレポへコメント

 この書籍のブクレポ

ブクレポはまだありません。

この書籍のブクレポを書いてみましょう!