ブクレポ
ブクレポってどんなサイト?
login_header
新規登録(無料)
login_header
ようこそゲストさん 
  • ログイン
  • ブクレポとは?
  • ヘルプ
  • ホーム
  • 本をさがす
  • ブクレポをさがす
  • ユーザをさがす
poseさん 
0 あり!
あり!
このブクレポを評価しよう!あり!とは?
+5あり! +5あり!を取り消す +5あり! +3あり! +3あり!を取り消す +3あり! +1あり! +1あり!を取り消す +1あり!
このブクレポにあり!した人
大富豪の考え方を身につけること… » « 最も高い顧客満足度を誇るディズ…
book_report_header

書誌データ

新書・文庫
幻冬舎
2008年 01月 発売
175P
9784344980716

内容紹介

富める者はますます富み、貧しい者はますます貧しくなる時代。年収二百万円以下の給与所得者は、すでに一千万人を超えた。拡大する賃金格差は、能力でも労働時間でもなく、単に「入った企業の差」である。こんな世の中だから、仕事にやる気がでなくてあたりまえ。しかし働くよりほかに道はない。格差社会のなかで「就職」をどうとらえ、どう活かすべきなのか?マニュアル的発想に頼らない、親子で考える就職哲学。

著者紹介

福澤 徹三:1962年、福岡県生まれ。作家。高校卒業後、営業、飲食、アパレル、コピーライター、デザイナー、専門学校講師など、二十種以上の職業を経て、2000年に『再生ボタン』(幻冬舎)でデビュー。作家業のかたわら専門学校講師として、学生の進路指導にも携わっている(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

目次

第1章 やる気がでなくてあたりまえ(格差社会は差別社会である/親が貧乏なら子も貧乏 ほか)/第2章 だめな企業ほど求人する(入った企業で、お辞儀の数が決まる/いつも求人しているのは、いつも社員が辞めるから ほか)/第3章 苦手な奴こそ財産である(遅れてきた新人になるな/仕事は自分で作るもの ほか)/第4章 職場では、これだけ守れ(時間は金より大事/嘘は弱点を作る ほか)

まさにタイトル通りの本です。落…

5

まさにタイトル通りの本です。落ちこぼれに送る就職・転職術を紹介しています。仕事に対する考え方を教えてくれる本で、もうちょっと肩の力を抜いて仕事のことを考えてみようと思わせてくれる本です。人生に悩んだ方にはいいと思います。
+5あり! +3あり! +1あり!
book_report_footer

ブクレポの輪

ブクレポの輪とは?

このブクレポへコメント

 この書籍のブクレポ

ブクレポはまだありません。

この書籍のブクレポを書いてみましょう!

  福澤徹三の書籍のブクレポ

ハラハラ、ドキドキ。
東京難民 上
4
あり!:13     コメント:0
底なしの落とし穴にご注意
東京難民
4
あり!:50     コメント:0